大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

≫ EDIT

「歴史文化の振興」と「観光政策」

 「歴史・文化政策」と「観光政策」の連動は、多くの自治体で行われています。

 考え方としては「我が町にはせっかく素晴らしい可能性を秘めた歴史・文化資源があるので売り込まない手はない」「歴史・文化政策で予算を使うからには観光等の政策と連動させて経済効果を創出する必要がある」といった具合です。

 一見合理的なのですが、これらを無理やり、かつ中途半端に連動させているがために、歴史・文化振興にも、観光振興にも効果の薄い取り組みが行われがちです。

 私個人としては、(少なくとも”考え始め”の時点では)歴史・文化施策は、それはそれとして単体でしっかりと実施し、観光客を呼び込むための施策は別途切り離して検討すべきだと考えています。

 
 中々、現実的かつ卑近な事例に置き換えての説明が難しいのですが、例えば、ある個人が「絵画の展示会」を開いて一儲けしようと考える。

 手元には、①昔から家に伝わる自分としては大変お気に入りだが、あり触れており市場的評価は高くないと思われる絵画がある。

 一方で、②今なら市場で手頃な値段で購入でき、市場の評価も高く、展示会を開く立地や建物などを考えても大変馴染むように思われる絵画がある。

 この時、単純な観光政策(経済政策)として考えた場合に、①に費用をかけて売り込みをかけるのと、②を安価に購入して売り込みをかけるのであれば、②を選択した方が理に叶っているはずです。

 しかし、今ある歴史・文化を深く考えずに売り込もうとするのは、たまたま手元にある①を売り込む構図とよく似ています


 繰り返しますが、歴史・文化政策に予算を使うべきではないと言っているわけでは全くありません。

 浅はかに無理やり観光政策と連動させることはナンセンスであり、更にいえば観光政策と合わせて考えるがあまり、歴史・文化政策としても中途半端なものになりがちであるという事を指摘しています。

 若干補足をすると、もちろん地域に ”観光戦略面から見て” 勝負できる歴史・文化財がある場合や、それぞれの政策を一旦分けて考えたうえで ”結果として” 連動・連携するのであれば、この限りではありません。

 また、地元の歴史・文化の外的評価を上げることで郷土への誇りや住民の連帯感などを深めるというような意図を埋め込む場合もありますが、そうした際も一旦全体を俯瞰して考えてやるべきことを検討する必要があります。

 それらの点を踏まえて、経済効果を意図した観光戦略を考えるのであれば、無理やりでも「手持ちの資源を使おう」とするのではなく、手持ちの資源は一旦置いておいて、ゼロベースで考え始めるべきです。

 当初の素晴らしい歴史・文化振興策が「この方が観光客”も”来てくれるはず」という形で、どんどん様態を変えていく。 こうした、どっち付かずの中途半端が一番良くないというわけです。

 例えば、「水車の町」といって何となく目につく場所に電気で回る水車を造っても、やはり歴史・文化と観光のどちらから見ても微妙になってしまうといった具合です。 もちろん、ないよりは合った方が良いかもしれませんが、建設にも稼働にもコストが掛かります。

 ただし、この辺は「観光政策(経済振興策)と絡めた歴史・文化政策でなければ、国の用意している補助金が活用できない場合がある」などのケースもあり、中々複雑です。

 それでも一方で、上述の事が頭にしっかり入っていれば振り回され過ぎることはないのでは、と個人的には思います。

 同じような違和感は割とよく覚えるところです。

 町政において自らが動いて変えられるプレイヤーでも、権限のあるマネジャーでもない議員の立場として、モドカシサを感じつつも、こうした考え方の「根っこ」をブレずに打ち立てない限り、効率的・効果的な町政運営は望むべくもなく、だからこそ、質疑、質問、意見する上でも力を入れています。

| 言論・政策 | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

議決なしの備品等購入問題に関する Q&A

 新聞報道等でご存知の方が多いかと思いますが、過去10年にわたり、議会の議決を得ずに備品や土地を購入していた案件が複数発覚したため、6月定例会において改めて議決と承認を行いました。 

Q.問題の概要は?

A.町の条例では予定価格700万円以上の物品と土地(5000㎡以上)の取得には議会の議決が必要です。しかし、過去10年で電子黒板など6件(約7300万円)と土地2件(約3200万円)について議決を得ないまま購入していたものです。同じく議会へ知らせる必要のあった発注工事5件の契約価格変更も報告されていませんでした。

Q.何故発覚したの?
A.新たに部署異動した職員が過去の書類を確認した際に1件が発覚しました。その後、文書保管期限の10年にわたり、過去の全ての書類を確認した結果、新たに複数の事例が発覚しました。

Q.何が問題なの?
A.町の直接的な金銭損失は発生しておらず、意図的な処理ではなく過失によるものです。しかし公務員が誤って、本来順守すべき条例に反した処理を行っていたこと自体が問題とされています。

Q.議会では分からなかったの?
A.今回は1つの物品で700万円を超えるものではなく、電子黒板などの物品を契約上、複数一括購入していたもので通常の流れでは議会が把握するタイミングはありません。しかし、過去には他の自治体でも類似のミスが発生しており、確認を促すような質疑・意見をしていれば、より早期に発覚した可能性は十分にあります。

Q.結局どうなったの?
A.6月定例会において、全ての案件が議決・承認され、条例および手続き上の課題は解消されました。一方で、町長と副町長の給与を一定期間減額するとともに、当時の担当部長らに戒告の懲戒処分、課長や係長らに訓告や厳重注意処分がなされました。

Q.再発防止に向けてはどうするの?
A.町からは各担当部署と財務部署の双方で、事務フロー(流れ)の見直しや、意識向上に向けた研修を徹底して行うとの説明がありました。
私は町の説明内容に加えて、①事務フロー図(書面)に落としての流れの確認と手順の改善、そして②一般質問でも触れた「ハインリッヒの法則」を引き合いに出し、今回発覚した案件に留まらず全ての事務においての規律徹底と手順確認をすること等を求めました。 

| 議会関連 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【Facebook連動】 2018年6月上旬の投稿

6月上旬のFacebookでの投稿です。


































| Facebook連動 | 00:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先日の会話より 「議員を辞めるべとき」

 ここ一か月程の間、昼夜問わずいつも以上に予定が飛び込んでくるのですが、大抵上手い具合に調整可能なところへピタっとはまってくれます。 

 比例してデスクワークも溜まっていくわけですが、昔から忙しいほど燃えてくるので、我ながら得な精神構造をしているなと思います。

 さて、先日は2日続けて、初日は「県内複数の自治体図書館長や司書の方、学校長などと一緒に図書館や学校図書室について10人ほどで懇談する場」、翌日は「県内全域から教育関係者が集う60人ほどの情報交換会」に参加しました。

 いずれも素敵な出会いが沢山あり、大変学びの多い時間となりました。 様々な地域・分野の方々と話すと、普段とは異なる新たな気付きや着想が沸いてきます。


 政治家は「あの議員は毎回顔を出してくれる」あるいは「顔も出さない」というような事でプラスマイナスの評価を受けがちですが、特に本年は青年会議所の理事長職もあるので町外や県外へ行く機会も一層増えています。

 また、以前から町外の学習会や懇談会などにもどんどん出ています。

 ただ、諸々含めて多少「来賓事」や「ご挨拶」などへ行けないことになっても、外へもしっかり出て知識や繋がりを増やし、それを還元することが町の発展にも住民生活向上にも寄与すると考えています。

 もちろん、知識と視野を広げるためには引き籠って書籍も山ほど読みますし、町の行事を通した情報や繋がりも重要なのでバランスも大事にしています。 

 町の行事へも、割と多くの方に「しょっちゅう会うね」と言われる程度には足を運んでいます。


 独りでもできることは基本夜中。  「呑んでもシラフ時と大して変わらない」という理由も大きいのですが、終了後にも最大効率で集中して仕事をしたいので、場の雰囲気や終了予定時間にもよりますが、懇親会でも大抵お酒は呑まず、ロックグラスで氷水を飲んだりしています。

 自らが主体として実施するものも含めて、行事が重なった際の判断基準はシンプルに言えば「どの取り組みでの”収穫”あるいは"生み出せる付加価値"が、より町の発展・繁栄に繋がるか」です。 

 確かに、落選したら政治家としては殆ど何もできないのですが、それでもこの判断基準が大きく変わった時は議員(政治家)を辞めるべき時だと思っています。


 つい最近、「町外へ行く時間があるなら、飲み会でも何でもどんどん町で顔を売っておいた方が良いよ」というご助言を頂いた際、そんな話をさせていただきました。 

 なお、以前から懇意にしてくださっている方であり、当然、心配と期待を込めてのことでお気持ち自体は大変有難く思っています。 こちらもご了承を得ての投稿です。

 政治家の責務として、「成果」や「取り組み」、もう少し小さな「やっていること」なども、報告誌やFB等でなるべく発信しながら、それなりの意識と覚悟を持って諸々取り組んでいます。

| 言論・政策 | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【2018年6月定例会】 一般質問の補助資料

 改めての告知ですが、明日6/9㈯および6/10㈰は、議会一般質問が実施されます。

 今回の一般質問にはJLD議会(ジュニアリーダー夢議会)で登壇予定の町内中高生10人、および議会広報作成に協力を頂いている尚絅大学生20人弱も来場予定です。

 私の出番は、明日6/9㈯15時前後からで、今回も一般質問用に議場配布の補助資料を作成・提出しました。

 昨年のスケジュールでいくと、恐らく私の質問は中高生の傍聴時間外だと思われますが、別紙としてでも今回勉強にくる中高大学生をはじめ、お越しの皆様の理解を少しでも深めていただく一助になれば嬉しいです。

34864468_1978650752205630_4637320788431601664_n.jpg

34688220_1978650725538966_7846062066107416576_n.jpg

 お時間の合う方はオークスプラザへ傍聴にお越しいただければ幸いです。

参考リンク → 【2018年6月定例会】日程および一般質問通告内容

| 議会関連 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT