FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【レポート】経済建設常任委員会における視察研修(2019)

 10月7日㈪~9日㈬に実施した研修の概要をまとめましたので、以下の通りご紹介します。

2019102300011.jpg
2019102300021.jpg
2019102300031.jpg
2019102300041.jpg
2019102300051.jpg
2019102300061.jpg

| 議会関連 | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【Facebook連動】 2019年10月上旬の投稿

10月上旬のFacebookでの投稿です。


































| Facebook連動 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【レポート】議会広報特別委員会における視察研修(2019)

10月2日㈬~3日㈭に実施した研修の概要をまとめましたので、以下の通りご紹介します。
201910140001.jpg
201910140002.jpg
201910140003.jpg

| 議会関連 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新風Vol.27が完成しました

今号は表紙を大幅リニューアル。

配布はいつも通り、町内全戸13,000部超を10月中旬から順次お届けします。

ご一読いただければ幸いです!

※上手く表示できない場合にはお手数ですが、右クリックメニューで「画像だけを表示」を選択するか一度保存してから閲覧すると見やすいです(バックナンバーはこちら ⇒リンク)。 

71408126_3050985714972123_6458724411875786752_o.jpg


0001(10).jpg

| 議会関連 | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第14回「マニフェスト大賞」にノミネート されました

 カナダの政策が日本最大の政策コンテスト「マニフェスト大賞」の2019年度 優秀賞候補として応募総数2,619件中の 73件に選出(ノミネート)されました。

リンク ☞ マニフェスト大賞HP

 ノミネートは「マニフェスト推進賞(議会部門)」で優秀賞を頂いた一昨年2017年以来の2度目で、今回は「政策提言賞」での選出です。今後も町や県内はもちろん、全国の皆様とも学びあい切磋琢磨しながら、現場主義・政策本位で取り組みます。

 なお、政策概要は以下の通りで「選択と集中」や「インセンティブ付与」など、民間企業の手法も生かした認知症への取り組みを費用対効果も含め、町へ提言しています。


【選出内容の概要】
超高齢時代到来に向けて、まずは軽度認知障害(MCI)への「選択と集中」をおこなうことで共生と予防に繋げる一連の施策を提案。
 認知度が低い一方で、発覚後の予防効果が高いMCIを軸に認知症予防を推進するとともに、診断・治療に至る実効策として検査・受診へのインセンティブ(地域振興券発行等)の付与をすることを提言している。


【政策の詳細】
(取り組みのポイント)
■認知症には「本人や家族が気付かないこと」や、多くのケースで根治治療法がない背景が「本人が診断へ行きたがらない」、「周囲が受診を勧めにくい」などの状況を生み、受診の遅れに繋がっている傾向がある。「MCIという認知症の前段階が存在すること」、「この時期の対応が認知症予防や、再び健常状態へ戻せる可能性に繋がること」等を周知するとともに、受診インセンティブを設けることで早期の対応に繋げる。

■認知症の超早期とも言えるMCIの検査は、結果的に多様な認知症の発覚にも繋がる。MCIのみをスクリーニングするのではなく、最も軽度なMCI状態を入口とすることで、全ての型の認知症の発見・対策に繋げる。

■MCIの理解度向上は、「日常的な認知症予防の習慣化」や「共生社会の実現」にも繋がる。

■当事者や家族のQOL向上、長期的な①医療費、②介護費、③インフォーマルケアコスト(家族等が無償で実施するケア)など、中長期的な支出の抑制に繋がる。

■高齢者福祉への先進的かつ徹底した取り組みは、町のブランディングにも繋がる。


(具体的施策)
・広報誌、健康指導などの様々な場における、MCIを中核としたシンプルかつ徹底的な周知を図る。

・65歳以上を対象とした「MCIの全体スクリーニング診断」を実施(対象全世帯へチェックシート送付)。回答インセンティブとして1000円程度の地域振興券を付与することで回収率を高める。
※一括案内、およびインセンティブ設定により「気付かない」、「本人が認めたがらない」「(受診を進めるきっかけづくりによって)周囲が言い出せない」という3つの壁の打開を図る

・スクリーニングの結果、MCIや認知症の疑いがある対象者へは確実に個別連絡をし、町の相談や、医療機関等での診断に繋げる。相談・診断へもインセンティブ(初診費用の助成等)を設けることで、発覚から予防・治療に至る割合を高める。

・認知症は完全には予防できない。また、「安心して検査・診断に臨める環境づくり」のためにも、認知症になっても当事者と家族が豊かに暮らせる共生の環境を並行して充実させる


(補足資料)

軽度認知障害(MCI)1

軽度認知障害(MCI)2

軽度認知障害(MCI)3

軽度認知障害(MCI)4

軽度認知障害(MCI)5

軽度認知障害(MCI)6

軽度認知障害(MCI)7

軽度認知障害(MCI)8

| 言論・政策 | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【Facebook連動】 2019年9月下旬の投稿

9月下旬のFacebookでの投稿です。




















| Facebook連動 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |