FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

はじめまして、金田ひできです!

  熊本県の大津町で、街を歩いて住民の方々の話を聞く活動をしています。
 活動を始めたのは生まれ育った「大津町」をもっともっと良くしたいと思っているからです。

 もちろん、大津町は今でもとても良い街です。県下でも子育てがしやすく福祉も充実している町です。自然も豊かで、話を聞く活動の中で人の温かさも感じています。
 昨日お話させてもらったおばちゃんは「年を取ったら大津においで!」と色んな人に言っていると笑顔で語ってくれました。

 でも、歩いて話を聞いていると町に対する疑問の声も沢山聞こえてきます。

「役場や図書館、スポーツ施設、温泉など必要な施設が点在していて利用しにくい」

「既存の施設が有効活用出来ない中で新たなハコモノがどんどん建設されている」

「商店街に駐車場がない」

「保育所に入れない待機児童が多い」

「教育に関する予算が低い」

「住民団体が地域活動を頑張っているのに行政のサポートが少ない」


 そして、「行政が住民の声をもっと生かす方法や、議会活動をより活性化させて町を良くする方法がまだまだ沢山あるのではないか」という声もありました。
 

 私はこれだけ課題が明確ならば、それを変えることは十分出来ると思います。そこに住む人の想いをしっかりと集め、具体的な政策として形にする、そんな政治と行政があればもっと素晴らしい大津町になると信じています。


 なので、私は色んな人の話を聞いて、見て、考えて、行動して、夢は大きく大津を日本で「いちばん」の町にしたいと思います。

 「いちばん」と言っても色々な基準がありますが、私は住民みんなが「いちばん」の町に住んでるという幸福感や満足感を得られる町にしたいと思います。

 例えば、「いちばん子育てしやすい町」「いちばん老人が楽しく暮らせる町」「いちばん若者が生き生き働ける町」あるいは「いちばん災害に強く安全安心な町」、といったものもあるかと思います。

 そして、そうであるためにはやはり「いちばん住民の意見が尊重される町」である必要があります。


 これからの地方政治は行政の言いなりではなく、行政と住民が協働し、ともに作りあげていくものだと思います。ただ、そのためにはまず自分で聞いて、見て、考えて、行動していくことが大事です。そしてそれを発信していくことで大きな「うねり」にする事が出来ると信じています。

 そして、大津で沢山の「いちばん」を作って、ぜひ色んな町の人に学んでもらい、生まれ育った大津町から日本全体を元気にしていきたいと思っています。

 そういった思いで私はこの活動を始めました。

 誰よりも一生懸命頑張ります!ぜひ皆さんの意見や素晴らしいアイディアを聞かせてください!!

| 言論・政策 | 02:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2020/06/10 17:34 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/1-b1722a18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |