FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【議会活性化】議会報告会について

  私が副委員長を務めている議会活性化特別委員会にて、「議会報告会」の実施を検討しています(過去記事→議会活性化特別委員会
 
 議会報告会というのは端的に言うと文字通り、「議会の構成メンバーである議員が住民の代理・代表として、どのような取り組みを行っているか、各議案に対してどのような議論のうえで議決・否決したか等を住民に対して報告するもの」です。

 会の開催頻度や運営方法、報告内容等は議会によって様々ですが、現在多くの地方議会で議会報告会を開始する動きが見られます。

 近隣自治体では、先月下旬に菊池市議会が4日間にわたって、市内4か所で初の議会報告会を実施しており、私も今後の参考になればと、菊池市文化会館で開催された報告会に参加させていただきました。
 
1377769755547.jpg


 報告内容は議会運営に関する簡単な説明を議会運営委員長が行い、その後に各常任委員会の委員長が市議会にて審議した主な議案に対する説明を実施、最後に質疑応答という流れでした。

 質疑応答に関しては、議会活動、報酬、主な審議の内容説明等に対して、厳しいご意見もあったのですが、厳しいご意見を述べられる方々の多くも、「議会報告会」という議会改革のための大きな一歩を踏み出したことに対しては概ね好意的な意見であり、今後しっかりと継続していって欲しいとの声も多く聞かれました。

 私自身、菊池市議会の議員ではありませんが、ご意見の中には大津町の現状に当てはまる部分も多く、非常に身に染みる思いであり、今後の議員活動、議会活動においての大きな助けにもなる事と思います。

 一部の支援者や地域、団体だけの偏った声だけはなく「そこに生活する幅広い住民の声をしっかりと聞き、届ける」という事は、議員活動の基礎基本であり、一部の票田への利益誘導型ではなく、幅広い声を集める中で、「中長期的発展、および町全体を見据えた全体最適な政治」を行うことが町の継続的な発展のためには不可欠であると考えています。

 そういった中、私自身、知人だけではなく、自発的なヒアリング、ビラ配り、ブログ、フェイスブック、ボランティア活動、所属する青年会議所(JC)や消防団での活動、出前報告会等、色々な手段で少しでも「住民の声」を集める工夫を凝らしているつもりですが、今回の議会報告会での意見の多様性を踏まえると、それでもまだまだ聞けていない声がいくらでもあるという事を再認識し、「報告」だけではなく、そういった「声を聞く場」としての議会報告会、あるいは双方向の意見交換会の必要性を改めて痛感しました。

 さて、「大津町議会報告会」実現に向けた今後の予定ですが、内容の精査に要する時間、告知の必要性などを踏まえた現実的かつ最短の開催日として、議会活性化特別委員会事務局(委員長+副委員長3名)では選挙から約1年となる来年2月の開催を目指して具体的なスケジュールを立てましたが、委員会にて様々な意見が出たため、実施の有無、およびその時期については、再度議論する運びとなりました。

 意見としては、以下の青字のようなものがありましたが、「漠然とした場当たり的な対応ではなく、まずは具体的な内容とデッドラインをしっかりと決め、それを実現するための具体的なスケジュールを立てた上で、課題を解決しながら取り組んでいく」という手法が私が議員になって以来、執行部に対しても言い続けていることです。

◆任期は4年あるので、焦らずに4年間で実現できるように取り組んでいけばよいのではないか
◆報告会を実施している議会においても、住民が殆ど参加しないようなところもある
◆議会の活動を制約する結果になる恐れがある                         等々



 もちろん、議会としての方向性は議員全員で決めることであり、議員は各々の思想・信念に基づいて活動しているため、そこに「何が正しい」という普遍的な「あるべき姿」はないのかもしれません。

 しかし私自身が議員として自己を棚に上げて主張、行動をしても、それは住民に対しても、もちろん行政に対しても説得力がありません。

 そういった意味で、少なくとも私自身は自己の主張を棚上げした悪しきダブルスタンダードに陥らないように、議会報告会の早期の実現をはじめとした議会の活性化についても全力で取り組んでいきます。

| 言論・政策 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/100-8d70a232

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT