FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【インタビュー】議員の仕事

 今回は趣向を変えて、よく質問される「議員の仕事」についてインタビュー形式でご紹介したいと思います。


「地方議会議員の仕事はどのような内容ですか?」

 
 何処までを「仕事」言うのか難しいところですが、ざっくりと分けると主に議場や委員会室で行われる「議会活動」とそれ以外で個人が行う「その他の活動」に分けられるかと思います。 そのうち必ずやらなければならないのが、議会への出席です。(地方自治法137条に「欠席議員の懲罰」 が定められています)
 一般的に議会には年4回の定例会、及び必要に応じて開催される臨時会があり、定例会が組まれるのは、3月、6月、9月、12月の年4回で、大津町の場会は予算と決算を行う3月と9月は会期にして2週間弱、それ以外は短い場合には1週間の会期となります。そして臨時会は通常多くても年4日程度の開催です。


「それ以外は何もしなくても良いのですか?」


 「義務」という意味ではしなくても良いと思います。また残念ながら全国的にみて出席しているだけで議場での発言が全くない”いるだけ”議員もまだまだ少なくありません。


「そうするとそれだけならば大津町の場合は年間約30日だけ登庁すればよいという事ですか?」

 はい。但し、それ以外にも「全員協議会」という会議が年4日前後、議員研修が年3、4日、各常任委員会の集まりや研修等が年3、4日あり、基本的には全議員が参加するため、加えて10日ほどは職務があります。また例えば私の場合は議会広報編集特別委員会で各定例会後に3、4日、今期途中からですが議会活性化特別委員会の副委員長兼事務局として、毎月2回ほどは会議に出席しているので、更に30日ほどは職務があります(もちろん記事・資料作成等、それに付随する業務もあります)。
 なお、議会広報委員、議会活性化委員会の事務局員は特に作業や会議も多いのですが、議会の情報発信や、議会活性化には主体として関わり、自分なりの付加価値を付けていきたいという思いから志願させてもらいました。


「それでも70日程度で、一般的なサラリーマンの勤務日数(230~40日程度)に比べるとかなり少ないようですがそれ以外は何をやっているのですか?」


 上述の通り、議会活動以外を全くやっていない議員も少なくなく、兼業の方は本業の仕事に従事したり、専業の方はゆっくり過ごしているケースも多いと思います。ただ私も極力全てに出席していますが、それ以外にも半分以上の方は保育園・幼稚園~中学校の入学式や卒業式、運動会、また消防団の出初式等にも来賓として出席しており、その他にも出席する方は大分減りますが、その他の町の行事(文化祭、体育大会、お祭り、その他地域行事等)への来賓としての出席もあります。大体土日開催でかつ時期も集中するのですが、月にならせば3、4回程度でしょうか。
 また、その他にも個人の議会報告会・座談会、住民の方に呼ばれての意見・要望聴収、個人の活動報告誌の作成・配布を行っている方もいます。
 もちろん、議員の本分は①予算の審議・採決 、②条例の作成 、③一般質問での提案・追及などが主となるため、勉強熱心な一部の議員は行事等がなくとも、少しでも多くのバリューを出すために、常日頃より研修への参加や書籍等による自己研鑽を図っています。


「1週間の流れを教えてください」
 時期によって全く事なり難しいのですが、議会のある時期は大体毎日9時半~16時までは役場に行き会議に出席しています。議案の受領から審議までの時間が非常に短いのでそれ以外の時間も深夜まで議案の確認や質疑内容の纏め等を行っています。
 それ以外の時期は例えば2月上旬のある週はちょっと忙しかったですが、以下のようなスケジュールでした。

【月】大津中での朝自習講話→「かたらんね!地域防災事務局会議」→昼食→住民の方との座談会→カフェにてデスクワーク→夕食→地域若者コミュニティ事業打ち合わせ→閉店1時までカフェにてデスクワーク

【火(祝日)】朝からほぼ丸1日カフェにてデスクワーク

【水】大津中での朝自習講話→議会活性化特別委員会事務局会議→昼食→行政ヒアリング→「かたらんね!地域防災」ビラ配布@美咲野→住民の方との座談会→夕食→青年会議所(JC)理事会→市民大学マチナカレッジ定例会議@熊本市→閉店0時までカフェにてデスクワーク

【木】大津中での朝自習講話→行政・クラブ大津へのヒアリング→昼食→新議員研修会@熊本市→夕食→政治討論会(熊本市)

【金】大津中での朝自習講話→住民の方との座談会→昼食→カフェにてデスクワーク→「教育の日」で大津北中視察→大津小での放課後学習支援→夕食→クラブ大津の報告会出席→まちおこし大学出席→閉店1時までカフェにてデスクワーク。

【土】熊本市内で政治塾に出席→カフェにてデスクワーク→同級生と懇親

【日】早朝から若者コミュニティでの定期清掃活動→昼食→第2回「かたらんね!地域防災」の運営→夕食→市民大学マチナカレッジの講演会の運営


 なお、デスクワークの時間は時期にもよりますが、書籍による政策研究、住民の方へのメールの返信(週平均5通前後)、住民の方への説明資料作成、ブログの執筆(週2記事前後)、その他主体となっている団体の企画・資料作成(青年会議所、かたらんね、地域若者コミュニティ、熊本県家庭的保育連絡協議会等)、一般質問の準備、議案の調査・分析、個人議会報告誌の執筆、議会広報編集特別委員としての「議会だより」の記事執筆、議会活性化特別委員としての企画・資料作り、大津町議会報告会実行委員としての企画・資料作りで、その他先週までは「防災士」の試験勉強も合間を見つけてやっていました。その他にデスクワークではありませんが、議会閉会後は同じく時間をつくって主に自転車で家族にも支援してもらいつつ議会報告誌を町内全戸に配布しています。

 今週は割と落ち着いているのですが、それでも月曜から日曜まで住民の方との座談会が4つ、町の子ども子育て会議の傍聴、地域若者コミュニティのまちづくり討論会、青年会議所の例会、熊本県家庭的保育連絡協議会設立準備委員会(熊本市内)、複数の行政ヒアリング、大津小での学習支援ボランティア、地元選出国会議員の集会(市内)、地域若者コミュニティの交流事業、消防団の水防訓練、巡回等があり、更にこの時期に限った事ではありませんが、行事や予定がない場合も空いている時間は大体カフェでデスクワークなので、土日関係なしにほぼフルスロットルで活動しています。ただ正直なところ、ブログの執筆が遅延気味な事からも分かる通り、まだまだこなせていない事が多数あるのでもう一段階ギアを上げなければならないと思っているところです。


「議員は大体同じような働き方でしょうか?」

 上述の通り、所属する委員会によってまずやるべき業務量が全く異なり、議会および必ず所属しなければならない常任委員会以外何にもやっていない方も少なくないと思います。
 ただ、例えば私には「具体的なまちづくりに主体となって関わりたい」という思いはもちろん「現場・地域を知るため」という意味・目的で学校ボランティア、青年会議所、かたらんね、地域若者コミュニティ、消防団、市民大学等での活動をしています。
 もちろんそれは議員でなくても出来る事であり、一般の方で同様の事をされている方も多数おりますが、だからこそ大津町で一番まちづくりに熱心な住民の方と同じくらい本気で町づくりに関わらなければ、住民に対しても行政に対しても説得力を持って臨めないという思っています。また、議場での「議決権」「提案権」を有する議員がそこに関わる事の意義も大きいと思っています。
 もちろん、そういった活動なしでも立派に議会議員としての職務を全うし、本会議・委員会等で大きなバリューを発揮している方も多数いらっしゃると思います。
 ただ欲張りかもしれませんが、私はまちづくりに関わる事は議場内外に関わらず「全部」をしっかりとやっていきたいと考えています。

| 地域活動 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/166-f9d7fd8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT