FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

HP&メールを介した情報提供

 ここ1年ほどで、町からの情報開示・情報提供は着実に進んでいることを実感しています。

 今回はそういった内容について、3点ほどご紹介したいと思います。


【総合情報メール】 →リンク
 6月1日より大津町の総合情報メール「からいもくん便り」が開始されています。

 これは、町から登録した方の携帯やPC等のメールへ町から直接、以下のような情報を提供するものです。

 情報の選別は難しいところで、情報の緊急度・重要度関係なくあらゆる情報を提供するようなものも見られますが、あまりにメールが頻繁に送信され過ぎると受信者としても辟易してしまい、また重要な情報が埋もれてしまう可能性も高くなるので、 個人的には比較的重要度の高い情報に限定してしまって構わないと思います。

 HPや広報の場合、能動的に情報を拾いにいく人にしか情報は届かず、見逃してしまうケースも発生しますが、一度登録しておけば重要な情報を受動的に獲得できる当該システムは非常に有用ですので、登録者をしっかりと増やすための取組みはもちろん、ぜひ町の情報発信において最大限に生かしていただきたいと思います。

 なお、受信カテゴリは以下の中から選べるのですが、有事への備えとしてぜひ「防災・安全安心情報」だけでもご登録いただければと思います。 私はもちろん「すべて」受信です。

■防災・安全安心情報
■くらし・生活情報
■観光・イベント情報



【町政への提案】 →リンク
 これは昨年の12月の一般質問にて提案して実現してもらったものですが、インターーネットで町への質問や提案が出来るオンライン版の「町政への提案」ページが開設されています。

 インターネットでの提案受付自体はそれほど目新しいものではないと思いますが、当該取組みの特筆すべき点は、『町が回答を約束するとともに、その提案(質問)・回答内容を広くHPで公開している点』です。
 中身についても、現時点までの回答を見ると、「全員が満足・納得」というわけには中々いかないとは思いますが、それでも一定の説明責任は果たした内容であると感じています。

 ただし、回答を得るためには記名が必須であることも影響しているかもしれせんが、現時点ではまだまだ提案も少ないようで、ぜひより多くの方に積極的に活用していただければと思います。
 私としても住民経由で直接つかんだ内容だけではなく、「町政への提案」の内容も積極的に自分の政策提案に生かしていきたいと考えています。

 なお、無記名の提案についても回答必須にしてほしいと言う声を私自身も複数受けていますが、「回答をする行政側の負荷」を踏まえると、記名式で提案者自身もある程度責任を持った内容のみに限定する事は「説明責任」と「知る権利」を計りにかけたうえでのバランスラインであると考えています。

 ただし、小さな町で名前を出して発言する事を躊躇する気持ちも理解はできるものであり、行政側としても理に適い、かつ広く住民に開示する事で効果が出るような内容については、記名の有無に関わらず、ぜひ回答の掲載をする努力をしていただければと思っています。


【一般質問の進捗管理・開示】 →リンク
 一般質問の進捗管理・開示に関しては、私の議員就任後の最初の議会である昨年の3月議会で提案して、実現していただきましたが、運用開始後の先日の議会報告会でも「一般質問の進捗を公開するべきだ」とのご意見もあり、まだまだ存在を認識しておられない方も多いようです。

 なお、当該取組みの現状と課題については以前の記事でも書いていますが(→リンク)、以前の記事では触れていない項目として、対応状況は「3か月に1回のの議会毎ではなく、リアルタイムでの更新をしてほしい」とのご要望もいただいています。

 この「議会一般質問への対応状況表」については、今まで本町にはなかったものであり掲載自体が大きな進歩ですが、一方で当然ながら行政の負荷も多少なりとも発生しています。 これを毎日、あるいは毎月の更新にすると作業の面でも業務負荷が高くなり過ぎるものと思われ、更新を一生懸命やるよりは、一つひとつの課題に対してより多くの時間を割き、しっかりとした質とスピード感を持って対応してもらえればと思っています。
 よって、前述の「町政へ提案」のケースと同様ですが、現状の体制が「説明責任」及び「監視・牽制」と「業務負荷」を計りにかけたうえでのバランスラインだと思っています。

 以上、大津町の新たな取組みを3点ご紹介しましたが、前述の通りまだまだ認知度や活用が伸びていないものも多く、ぜひ住民の方々にも最大限に活用していただきたいと思っています。

| 言論・政策 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/200-a206a1aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT