FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月定例会の日程

 6月議会定例会が明日から始まります。

日程

 金田の一般質問の日時は以前の記事でもお知らせしましたが、6月19日(木)の14時頃からになります。通告内容については以下の通りです(→詳細リンク)。
 
 1.人事評価制度について
 2.外部組織への派遣型研修制度について
 3.公園管理の在り方と今後の整備計画について



 今回の議案については、国の制度改正に伴う条例改正が殆どで、補正予算も一目では理解に困るような補正項目も私が議員就任してからは最も少ないように感じます。

 この補正予算は、3月の当初予算で計上した内容に変更がある場合に行われるもので、「予算(当初予算)成立後に生じた、自然災害などの予見し難い事態に対応するために作成される予算。財政民主主義からいえば、超過支出禁止の原則に基づいて、予算計上額以上の支出はできない。しかし実際は、予見し難い事態への対応として、予備費の計上が認められている。更に予備費でも対応できないような事態が生じる場合には、追加予算を編成することが許されている。こうした予算の追加と、追加以外の予算の修正を含めて補正予算と呼んでいる。補正予算を乱用することは、財政民主主義からいえば望ましくない ( 神野直彦 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授 ) 」と言われています。

 大津町においても、この補正予算については「当初予算の段階で計上可能だったのではないか」「計画からブレが発生し過ぎではないか」と感じるものがこれまでもいくつかありました。

 もちろん、災害対応等の予期しえない事象に対する補正予算は必要であり、期中であっても予算執行により高い効果が得られ住民にもメリットの大きいものに関してはある程度臨機応変に補正を組んでいく事は必ずしも悪い事ではないのですが、やはり限られた財源の中では他の予算との絡みもあるため、当初予算の段階で丁寧な評価・分析を行いなるべくブレのない予算編成を行っていく必要があると思います。

 当然ながら、今後もそうした事にも留意しながら予算の審議を行っていきます。

| 議会関連 | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/202-5624622c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT