FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【H26.6月定例会】一般質問の振り返り

 6月定例会での一般質問、および答弁の内容を纏めましたので、以下に掲載します。
 なお、全文章が掲載される議事録は9月の上旬~中旬に町のHPで掲載される予定です(質問内容の詳細はこちら→リンク)。


1.人事評価制度について
【質問】 
 現在は経済情勢、自治体の財務状況を見ると職員の給与総額を上げて行くことは難しいのが現状である。そういった状況だからこそ、努力して結果を出している職員を納得感のある方法で公平に評価して処遇(給与・昇進)に反映し、やる気を向上させることが求められる。また、担当業務の成果、および責任の所在を明確にすることで、行政サービスの向上にも繋がる。
 具体的には大津町では➀個人の目標設定と業務評価を行っていない、②相対評価ではなく他人と比較しない絶対評価を採用している、③評価の処遇(給与・昇進)への反映が不明瞭であり、改革の必要があると考えるが町長の所見を問う。

【答弁】 
 指摘のとおり、現在の人事評価制度は業務成果ではなく能力評価に重きを置いている。しかし、地方公務員法等の改正により、人事評価に伴う業績導入等も必要となってきており、絶対評価を含めて現行の制度を見直し、人材育成に努めていく必要があると考えている。 管理職登用基準の変更は現在考えていないが、目標管理や業務評価を導入することによって毎期ごとの人事評価を査定、昇給に反映させて給与にも差をつける制度への移行事例等を研究している。



2.外部組織への派遣型研修制度について

【質問】
 町では毎年複数名を国や県へ派遣しているが、帰任後の配属先を見ると必ずしも研修の内容を生かせていないのではないか。派遣先の情報収集や人材交流等も目的であろうが、具体的な手法や知識等の習得もより意識して派遣・配置を考えるべきではないか。
 また、大津町では行政経験しかない生え抜きの職員が殆どであり、その場合知識や技術は向上するものの、内部からの改善・改革は進みにくい。よって、行政機関にこだわらず、民間企業へも若手のうちに3週間~3ヶ月ほど派遣し、民間の良い部分については積極的に学べる制度を導入してはどうか。

【答弁】
 派遣先、帰任後の配属先は担当業務に関係しない場合もあるが、これは特定分野での専門性だけでなく、派遣先で培った知識や経験、人脈はあらゆる業務に共通すると考えての事である。
 今後の公務員制度は、能力や実績をより重視したものに変わりつつあり、経営感覚、迅速な判断力や実行力など職員の能力開発は益々重要になっている。まずは講師招致研修によって、民間の考え方や手法を学んでもらい、民間企業への派遣型研修についても、他の自治体の事例などを参考にしつつ、職員の育成のために効果的な職員研修に努めたい。



3.公園管理の在り方と今後の整備計画について
 【質問】
 公園には町が設置した公園と開発により設置され寄付された公園がある。前者については管理基準が明文化されているが後者については以前明文化しようとしたが、取組みが止まっていると聞いている。先日も事例があったが、その点が明確でなければ、担当課はもちろん、区長、組長、地域住民を巻き込み、「予算の出処」などについて都度議論になり非効率的であり納得感もない。
 また、今後の公園の整備について大津町では遊具の充実した公園が少ないという声もある。最近はバランス感覚や体重移動など子どもの身体的発達にも寄与する工夫がされ、安全面にも配慮された新しいタイプの「複合遊具」の導入が全国的に進んでいるが、本町でも昭和園や中央公園等の既存の公園に追加導入してはどうか。新設するとなれば多額の費用が必要となるが既存の公園の機能向上であれば費用も限定的で効果も高い。

 【答弁】
 地区の公園については地区での管理をお願いしている。地区の方々にも説明責任を果たしながら管理していただけるよう努める。
 指摘にある昭和園は北側にホンダ技研の住宅整備の話もあるので、高台で子ども連れの住民が遊んでもらえるように、今後については色々と検討していきたい。

| 議会関連 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/212-e72b0aa8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT