FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マチカレ政経塾を開講しました

 当該ブログでも告知させていただいた「マチカレ政経塾」を8月17日(日)に開講しました。

 当日は当初から予定していた私と同い年の玉名市議会議員である北本将幸議員、そしてお隣の菊池市で2番目に若く5月の選挙で見事トップ当選された荒木崇之議員に加え、途中参加でしたが熊本市議会2期目で36歳の田中敦朗議員も交え、様々な観点から政治や選制度の課題、そしてあるべき姿等をテーマにトークライブ形式で議論しました。

 今回は、菊池市、玉名市、熊本市、そして大津町から若手議員のみを集めての講座でしたが、若い層が中心の受講者を前に各議会の違い等も浮き彫りにしながら、ざっくばらんに分かりやすい内容に出来たのではないかと思います。

 お世辞半分かもしれませんが、受講者からは「最近不祥事も多く政治家に対しては悪いイメージの方が強かったが真面目にやっている議員もこれだけいる事が分かり期待が持てた」「政治を身近に感じられた」「選挙には莫大な資金がかかると思っていたがやり方一つで自分のような若者でも挑戦できる事が分かった」「自分も街を変えるために行動したい」「政治家は報酬として大金を貰っているというイメージだったが、自治体ごとに大きな格差があり誤解も多いことが分かった」等の意見を頂きました。

 何より私自身、他の議会の現状等も詳しく知る事ができ、大変勉強になるとともに強い刺激を受けました。3人とはこれまでも色々とお付き合いはあったのですが、これを機会により濃い情報交換をしていければと思っているところです。

10570452_690377854366266_4322528396790829996_n.jpg


 以前の記事にも書きましたが、「議員の義務」として、必ず出席しなければならない議会や委員会等のみならば、年間で3~50日程度にしかなりません。それ以外の活動は広義には「自発的な活動」という事になりますが、経営者等と違って働いても働かなくても「収入」は変わらないため、やはり「強い思い」と「自制心」を持たなければ、ずるずると日々を過ごしてしまう事になります。そして残念ながら世の中には大小あれどもそういった議員の方が割合としては多く「それが普通」と思ってしまっている議員や住民も少なくないように感じます。
 またそういった状況であるからこそ、有権者も議員の活動に興味を持てず、チェック機能が働かないために相対的に「働かない議員」でも何度も当選する結果になります。

 議員は「役職」ではなく「役割」だと考えています。若手かベテランかは関係ないのですが、議会での発言も活動もなく、ただいるだけでは町に対する「付加価値」という観点からは全く存在意義はありません。また、昨今のニュースでは議員の不祥事が相次いで報道されていますが、政治や行政運営に関して一定の知識・思慮がない者が議会内外で頓珍漢な発言や取組みを繰り返せば、それに対応する行政職員等の負荷や振り回される住民の事を考えればむしろマイナスにしかなりません。
 
 こういった情報発信も行っていく事により、ボランティアや市民活動までどうこう言うつもりはありませんが、少なくとも議決事項や町の政治的課題に対する調査や議会活動については、「町の発展のために最大限にコミットして精力的に活動する事、そしてそれに対して日々学習を怠らない事が当然」「活動量だけではなく質にも注目する」という認識をスタンダードにしていきたいと思っています。

| 地域活動 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/223-31889779

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT