FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

尚絅大学「古民家プロジェクト」

 これまでも何度か記事にしている尚絅大学の「サービスラーニング in 大津(⇒リンク)」の次期プロジェクトについて、大学の職員の方々と打ち合わせを実施しました。

10533183_696859107051474_4538832303393851136_o.jpg


 次の大きなプロジェクトは「古民家プロジェクト in 大津」。

 空き屋問題が社会問題化しており、大津町でも空き家が多数ある事は私自身も議会毎の報告誌配布の度に常々感じている事です。

 当該プロジェクトはそうした空き家問題の解消も兼ねた取組みで、内容としてはまずは町内の古民家を学生が補修・改修し、大津町で「まちづくり」に関わるうえでの自分達の物理的な場所を創ります。
その他のプランも色々あるのですが、そこを地域づくりの拠点としながら、他の古民家再生プロジェクトも含めた様々な活動を進めていきます。

 当該取組みに関しては、先進事例もいくつかありますが、大津町での動きも大いに楽しみにしており、私も出来る限りの応援をしていきたいと思っています。

⇒ http://akiya123.hatenablog.com/entry/2014/06/04/061916

⇒ http://www.asahi.com/and_w/life/TKY201310280154.html

16-03-4.jpg


 なお、尚絅大学さんは、先月の大津の歴史文化・商工観光業の勉強会、地蔵祭りでのボランティアに引き続き、9月21日(日)に大津町の中央公園で実施予定の「絵本マルシェ(別途告知予定)」に関しても、事業主体として参加くださいます。

 こうして町の様々なボランティア団体や個人の方々はもちろん、町の外からも人や仕組みを提供してもらえる事は町としても非常に有益であると思います。

 以前から年度も書いている通り、大津町にはボランティアやまちづくり活動に対して、使命感を持ち、熱心に取り組んでいる方々が多数おられます。そうした方々は交通費や雑費はもちろん、プロジェクトにかかる費用も自己で負担しながらやっています。

 そしてそういった方々は「交通費」や「諸経費」の補助は一切求めませんが、「もう少し資金力があれば町のために出来ることもやりたい事も沢山ある」と多くの方がおっしゃいます。

 9月議会の一般質問においては、そうった方々を少しでもサポート出来る仕組み・制度を提案させていただきます。

 実現すれば、更なる町の活性化、そしてボランティアやまちづくりに参画する方の裾野の拡大にも繋がるのではないかと考えています。

| 地域活動 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/228-8d12ceda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT