FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

決算審査の意義

 本日より大津町議会9月定例会が開会しました。

 初日は主に議案の説明、および各議案への質疑が行われ、金田も補正予算に関しては「危機管理専門員」および「総合交流ターミナル(岩戸の里)」についての2点、決算に関しては「災害復旧補助金の執行方法」について1点の質疑をさせていただきました。
 
 議案は明日からの各常任委員会へ付託され、更なる慎重審議がなされます。

 今議会では、「決算認定」が大きな争点になると考えています。
本日は監査委員からの監査報告もありましたが、予算の執行やそれに関する内部統制や財政規律、財産管理、予算流用や予備費充当の在り方等について、厳しい意見が多数出されました。
 
 上述の私の質疑のうち2点もそれらに大きく関わる内容でしたが、所属する文教厚生常任委員会に付託される議案においても、疑問を感じる部分がいくつかあるのでしっかりと質疑・意見していきます。

10655433_700664260004292_1110055583187665044_o.jpg


 「決算」は歳入歳出予算に基づく収入と支出の結果を集計した計算書であり、予算を執行した結果どのような成果を一年間に挙げたかを示す成果報告書でもあります。
 「決算審査」「決算認定」は執行済のものとして軽んじられる傾向もありますが、各種資料に基づいて、その行政効果や経済効果を測定し、住民に代わって評価するという極めて重要な意味があります。

 よって、決算は確認・認定して終わりではなく、その結果を今後の行財政運営の改善に役立てる、将来に向けての前向きな決算審査をすることに重要な意義があります。

 そういった意味で、該当年度の予算との比較はもちろん、経年、特に昨年の決算の内容や主要な政策の成果、そして自分過去の質疑やそれに対する答弁も改めて確認しながら臨んでいます。

 当然ながら質疑や答弁に関しては今回も閉会後にしっかりご報告させていただきます。

 10620570_700189176718467_4534794989526163437_n.jpg

| 議会関連 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/229-d98258bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT