FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「SIM熊本2030」を体験してきました

 一昨日、県庁や市役所職員の方々に混じって"まちづくり"をバーチャル体験する『SIM熊本2030』のワークショップに参加させていただきました。

 これは熊本県庁の若手有志職員主体の自主活動グループ”くまもとスマイルネット”さんが実施しているもので、限られた資源をどう配分し、どんな街にしていくかを体験しながら、政策的な事が直感的に理解出来るワークショップです。

10421377_714370301967021_1432935853903169711_n.jpg


 シナリオがまだ一つしかないとの事で詳しい内容は割愛しますが、所要3時間ほどのワークショップ形式のゲームになります。
 流れとしてはまず参加者が5~6名のグループに別れてそれぞれが架空都市の「総務」「商工」「農林」等の担当部長となります。その後2030年までに経済事情の変化、少子高齢化、施設の老朽化等が進む中、どのように資源を配分して特色のあるまちづくりを行っていくかという事をグループ内、および進行者との侃々諤々の議論をしながら検討・遂行していきます。

 オリエンテーション等を含めると集合から解散まで4時間弱の長丁場でしたが、体感としては本当にあっという間でした。

 当該ゲームは基本的には行政職員向けということで、多少の行政知識がないと若干難しい部分もありますが、一般の住民の方が受けても十分価値ある時間になると思います。

10344769_714370318633686_7590101691809862385_n.jpg


 なお、「百聞は一見に如かず」ということでぜひ多くの方に体感していただきたいのですが、来る11月24日(月・祝)に桜の馬場 城彩苑にて、県庁有志職員の方々にもご協力いただき、現在オーガナイザーを務める市民大学「マチナカレッジ」の企画でもう少し内容を市民目線に合わせたマチナカ版の「SIMマチナカ2030(仮称)」を実施します。

 その後は架空都市を大津町に見立てた「SIM大津2030(仮称)」を作成・実施出来ればと思っているのですが、それはもう少し先の話になりそうなので、お時間ある方はまずはこの機会にご参加いただければと思います。

 なお、詳細が決定しましたら改めて当該ブログでもご案内させていただきます。 

| 地域活動 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/240-246a8e29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT