FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「議会一般質問への対応状況」

 2年前に私が議員になった際、最初の一般質問において提案し実現していただいた「議会一般質問の対応状況表」というものがあります。

 これは、執行部が議員の提案に対して「検討します」と答弁したものに関して、そこで終わらせず「検討の結果どうなったか」をしっかりと報告してもらうものです。
→ http://www.town.ozu.kumamoto.jp/development/development_gikai/_8774.html

 そして、議員向けにはもう少し詳しい内容が掲載されている「議会答弁事項の対応状況調書」が、議案配布に併せて配布されています。

 その中で、今回は6月に提案した「公園遊具の在り方と今後の整備方針について」、および9月に提案した「災害時応援協定の締結について」の進捗報告があったため、こちらでご紹介します。

 これまで何度も書いていますが、少子高齢化や財政逼迫が進む中「あれもこれも」と総花的な政策では町は立ちいきません。
 今は行財政改革により、例えば「同じ事業をより効率的に実施する」ことはもちろん、「あれかこれか」という選択も迫られている時代です。よって、行政も議員も住民の方々にある種の負担を強いる以上は説明責任をしっかりと果たしていく必要があります。

 そうした状況において、『「検討します」は議員の顔を潰さない配慮も兼ねた遠回しのNOである』と言う方もいますが、 “選択と集中の時代”では、例えそうしたケースでもそこで終わらせるのではなく「何故出来ないのか」「どうすれば出来るのか」「どうしても出来ない」あるいは「何は(を)やるべきか」という事を分かりやすく説明する能力、そして努力が求められます。
 
 それは行政→議会、住民の構図でもそうですし、議会→住民の構図でも同様です。

 なお、以下2つの案件についてどちらもステータスとしては「対応済」となっていますが、厳密に言えば、例えば災害時応援協定では「調査中」、「計画的に進めていき」などの文言が並んでおり、事業ベースでいえば「対応中」が妥当でしょう。
 似たようなケースは他の議員の一般質問に対する状況調書でも見られる状況ですが、数か月、数年単位で取組む事業もざらにある行政の事業においては、あくまでも「検討してもらった案件の検討結果の確認の手段」と位置付けられており、業務負荷と秤にかけて私もその点は納得しています。
 よって、今後の具体的な事業進捗に関しては今後提案者としてしっかりと確認し、大きな動きがあれば随時報告させていただきます。


■公園管理の在り方と今後の整備計画について

【質問要旨】  ※「検討する」となった部分のみ抜粋
昭和園は芝生の広場もあり親子がくつろぐには理想的な空間である。複合遊具の設置には確かに予算が必要となるが、現在町内でも少ないとの声も多い(複合)遊具を充実させる事で「子育ての町」をうたう大津町として、子どもの心身の発達や子育て世代の親同士のコミュニティ形成、そして町の魅力向上が図れるのではないか。

【答弁要旨】
昭和園の公園管理の方法とその活用方法について、その周辺の再生計画関連等に併せて、今後検討する。

【対応方針・進捗状況】
公園整備については、国庫補助の社会資本整備交付金事業を活用し、まずその事業の前提条件である長寿命化計画を立て、その後の事業推進の中で複合遊具の設置を県と協議し進めていきたい。
平成27年度で国庫補助により長寿命化計画をつくり、28年度より県との協議を経て、事業着手を行います。


■災害時応援協定の締結について

【質問要旨】 
現在、災害時応援協定が未締結である「商業施設」「飲食店」「ホテル等の宿泊施設」との協定締結はできないか。また、福祉避難所として「サービス付き高齢者住宅」「グループホーム」等も協定締結できないか。さらに、協定締結した企業、団体名を周知するとともに感謝の意を込めてホームページに掲載(企業PRに寄与)してはどうか。

【答弁要旨】
今後の防災関係の計画としまして、基本的に大津町防災・減災対策方針のより実施していきます。災害時応援協定につきましては「広域・連携体制の整備事業」の中で、調査、研究、協定内容の協議をする必要があると考えております。

【対応方針・進捗状況】
災害時応援協定につきましては、現在、熊本県と各団体・企業等の締結状況を調査中です。大津町での災害時応援協定の未締結のうち「ホテル等の宿泊施設」に関しましては、大津・菊陽ホテル連絡協議会との協議を開始しました。その他未締結な分野につきましても、計画的に進めていき、ホームページも更新していきます。

※抜粋したものを一部補足

| 言論・政策 | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/259-d81cf48c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT