FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【H26.12月定例会】質疑・意見のまとめ(本会議・委員会)

 標記の件について、私の質疑・答弁について纏めました。

 内容が多岐にわたる事から主だったものを報告している点、読み易さの観点から再質疑を繰り返した内容も可能な限り丸めて掲載している点についてはご了承いただければと思います。


議案第68号 大津町保育の必要性の認定に関する基準を定める条例の制定について

( 教育部 子育て支援課 )             
質疑
 説明資料における新制度の認定基準(保育の必要性の有無)について、求職活動中やDVの有無等の項目については、書類等の客観的な資料提示は難しいが誰がどう判断するのか。やり方次第では、恣意的なものになるのではないか。

答弁
 書面で確認できるものなどを検討する。DVなど書面での確認が難しいものについては、各機関と協議しながら確認していきたい。


再質疑
 要綱や規則で定める必要があるのではないか。

再答弁
 国や県等の指針を踏まえ、これから要綱や規則等の中で定めていきたいと考えている。



議案第71号 大津南小学校校区学童保育室の指定管理者の指定について

( 教育部 子育て支援課 )
質疑
 指定管理料(委託料)は説明資料に、「申請者からの提案された金額をもとに協議のうえ」となっているが、今回1社しか申請がない中でどのように決めているのか。適正な設定が可能なのか。

答弁
 熊本県放課後児童健全育成事業補助金における県基準額や、昨年度の指定管理委託料の実績額などを参考として、町の方であらかじめ積算している。また、登録児童数を40人とし、指定管理料300万円以下と積算し、それに障がい児の受入れが見込まれる場合は、別途加算する旨を募集要項に記載し募集した。


再質疑
 審査時に出た意見については、しっかり把握しているのか。

再答弁
 教育長が審査に参加していたが、審査会の意見の中で、特にこれではダメだという意見はなかった。

      
再質疑
 審査自体は総務課の所管だが、担当課も一緒に審査結果を把握して、改善を図っていった方がいいのではないか。

再答弁
 もちろん、審査以降はしっかりと担当課で、管理・指導して
いく。



議案第73号関連 平成26年度大津町一般会計補正予算(第7号)について
( 住民福祉部 福祉課 ) 
質疑
 民生・児童委員活動補助金のPR事業の具体的な内容はどうなっているか。

答弁
 民生委員児童委員協議会で実施される事業で、色々なイベント等で使われる啓発用ウインドブレーカーの購入や写真パネルの製作費に使う予定である。


再質疑
 町として実施している広報などはあるか。

再答弁
 町の広報紙で民生委員の名簿や仕事について年1回程度掲載している。


意見
 転入者も増える中、民生委員の制度を知らない住民も増えている。特に児童関連で気になる家庭がある場合は自ら働き掛けるケースもあるが、特に制度を理解していない方は厳しい反応される事も多いと聞いている。対象となる家庭の増加に伴い負担も増えており、町としても制度の認知度を上げるなど、一層の活動支援をお願いしたい。

( 教育部 学校教育課 )             
質疑
 小中学校のエアコンは1月完了とのことであるが、いつから稼動させるのか。また、特に光熱費も高額となりがちな大企業では、何時から使用する、何時に消す、設定は何℃まで等の運用上のガイドラインや基準を設けてあるが、町としてもそういったものを設け、適正な管理をする必要があると考えるがどうか。

答弁
 空調については、検査が終われば使える状況となる。全体的なマニュアルは、統一的に節電も含めたところでの取り組みを行うことで考えている。

| 議会関連 | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/260-2daf96f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT