FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「肥後おおづ日本一まつり」から考えるまちづくり

 先週末12月21日(日)は第2回となる「肥後おおづ日本一まつり」が開催され、私も東熊本青年会議所メンバーとして昨年に引き続き当日の準備運営に関わらせていただきました。

10354999_753389931398391_5466533890208967840_n.jpg


 昨年は10月上旬の開催、一方で今回は12月下旬という非常に寒い時期での開催でしたが町内外から多数の来場がありました。

 前回は主に会場におけるステージや出店の配置が今後の改善事項として挙がっていましたが、今回はその点が大幅に改善されており、中心に据えられたステージイベントを訪れた方が会場全体を回る導線がしっかりできていたように思います。

 ただ当日は特に寒い1日となり、ご全中の来場者が伸びなかった事と中々人が滞留しなかった事が最も大きな課題として挙がっていました。
 しかし、では暖かい時期にやれば良いかと言えばそう単純でもなく、夏や秋は他のお祭りなどのイベントと重なる事が多く、一方で春では大津町の一つの売りでもある豊かな農産物が揃わず悩ましいところです。
 そういうわけで、時期については何かを割り切って決定するしかないのですが、その点については1月早々に予定している総括会議においても様々な案が出るかと思います。

 このお祭りは肥後おおづ観光協会が主な母体となる「肥後おおづ日本一まつり実行委員会」主催となっていますが、その位置づけとしては町内のお祭りの中では「からいもフェスティバル」に近いと思っています。
 つまり、例えば地蔵祭りが”古くからの住民向けのお祭り”という色が濃いのに対して、日本一まつりに関しては、大津町およびお店や特産品のPRに繋げる事を意図したお祭りになっています。

10847883_753594261377958_945390563393080969_n.jpg

 よって、今回も福岡からTV番組の「ダンス甲子園」で優勝経験のある「九州男児新鮮組」や福岡のアイドルグループ「LinQ」、そしてお馴染みくまモンのステージなど、町外からのゲストも交えた「人を呼ぶための様々な企画」がありました。

 実際にアイドルグループを見るために県外からも多くのファンが来場したり、ダンス好きの子どもたちが集まったりと一定の効果を得られていたと思います。その中で大津の魅力を知ってもらったり、お店や特産品のファンになってくれたりという祭り以外への“リピーター獲得”の動きに少しずつでも繋がっていけばと思います。

10615541_753594231377961_3477041643941709013_n.jpg


 さて、ここからは議員としてというよりは当日の運営に多少なりとも関わらせていただいた個人としてのアイディアです。
 観光協会の方ともお話させていただいたのですが、祭りの位置づけを考えるのであれば、次のステップとして必要な事として時期の見直しもそうですが、やはり上述の「リピーターの獲得」のための工夫が肝要であると考えています。

 少し脱線しますが、現在参加している県主催の「くまもとむらづくり人材育成塾」にて、つい先日リクルートのじゃらんリサーチセンター長のお話を伺う機会があり、緻密なデータ分析に関心しました。中々小さな観光協会レベルでそこまでやるのは予算的にもマンパワー的にも厳しいのですが、その視点は重要でしょう。

 そうした観点から言えば、例えばアイドルやダンスを町外から見に来てくれた方の大津町への再訪率は決して高くないと考えられます。 そこで、あくまで一例ですが、お祭りの中で町内の飲食店が中心となった餃子や唐揚げグランプリ等を開催し、「○○の町」としての印象付けが出来れば、たとえそれだけのために来訪する人は少なくとも、阿蘇や熊本市内を観光等で往復する多数の方が「ついでに立ち寄る」可能性はそれなりに上昇するように思います。

1965066_753389968065054_3781663178710889899_n.jpg

 例えば、大津町の場合は、商工会やクラブおおづさんで「ヘルスツーリズム」を推進する動きもあるので、お馴染みの特産品であるカライモだけではなく、「健康食」をキーワードにした出店型コンペ等のイベントをするのも面白いと思います。

 ただ「言うは易し」というところで、同じく観光協会が主催している「朝市」しかり、通常の出店でも負担が大きく、出展者を募るのにかなり苦労されているようです。

  「朝市」であれ「祭り」であれ、立ち上げ時には中々集客も難しいのですが、厳しい状況でも一つには回数を重ねながら認知度を上げていくしかありません。

 そんななか、大津の観光業、ひいては町全体の発展のために赤字覚悟で出店されている方もいます。ただ、多くの事業者がそこまでやるのが難しい状況や事情も十分理解できます。

 私としても、当日のお手伝いや買い物、あるいは微力ながら告知等のお手伝いしかできませんが、できる事であればどんどんやらせていただきたいと思っています。

 なお、そういうわけで最後に告知です(写真は前回の様子)。次回「肥後おおづ日本一まつり」の日程は未定ですが、「朝市」は2月15日(日)の8時~12時に大津町生涯学習センター駐車場にて実施予定です。お時間があれば少しでもご来場いただければ幸いです。

10388066_735606436510074_5566840050562893680_n.jpg

| 地域活動 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/262-085968fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT