FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地方議員活動の3本柱

 2015年を迎え、私の議員として任期も4年間の折り返しの年となります。

 議員就任以来、私は大きく3本の柱を軸に活動してきました。この点については、これまで当該ブログでも繰り返し書かせていただいていますが、年初にあたって少し体系的に説明させていただきたいと思います。

(1)議会活動
 条例や予算、町が行う契約の締結など、大津町にとって重要な問題について審議・決定する

(議案審議、議会質問、一般質問、陳情・請願審査、議会広報・議会改革に関する取り組み 等)。

(2)政治活動
 住民に政策や議会・議員活動の実態、および町の現状を伝えることで、政治に対する関心やまちづくりへの参画意識を高めてもらう

(活動報告誌の発行、インターネットを通した情報発信(ブログ・Facebook)、活動報告会・座談会の実施、学生インターンシップの受け入れ 等)。

(3)地域活動
 地域や団体での活動に参加し、町政の問題点や課題を発見し、解決する
 また、自らが主体となって活動し、地域の問題点や課題を解消するとともに、新たな取組みを構築する

(地域団体活動(東熊本青年会議所、若者コミュニティhako、市民大学マチナカレッジ)、地域福祉や子育て・教育、防災防犯等に関する取り組み(語らんね!地域防災、熊本県家庭的保育連絡協議会、学校ボランティア、消防団・防災士活動、その他町の行事・事業への参加 等)


【活動の3本柱】
111

 この3つの柱である「議会活動」「政治活動」「地域活動」はそれぞれが相互に関連しています。

 例えば、「政治活動」や「地域活動」で得た情報やアイディアを「議会活動」の場で積極的に生かしています。また、現在力を入れている大学や高校との域学連携もその一環ですが、議員活動全体を通して得た情報やネットワークで地域の人財同士や情報を繋ぐコーディネーターとしても付加価値を出せるように取り組んでいます。

 議員は政治家として「議会活動」さえしっかりしていれば良いという議員もいますし、それも一つのスタンスなので間違いではないと思っています。確かに規定に基づく、議員として義務(職責)という観点から言えば「議会活動」だけがそれにあたります。

 しかし、「議会活動」をしっかりやるというのは言うまでもない前提ですが、議員としての活動を「まちづくり」「より良い社会の実現」に向けた一つの手段としてとらえるのであれば、やるべき事、出来る事は議会活動に留まらずいくらでもあります。

 ここで「議員」としての立場を少し整理すると、「議会活動」において”議決権”を前提に置くのであれば、大津町では16分の1の存在でしかありません。 同じ政治家でも首長とは異なり予算提案権もありません。

 私は「マネジャーでもなく、プレーヤーでもない立場」と表現していますが、いくら素晴らしい政策を提案しても、首長をはじめとした執行部(マネジャー)に動いてもらえなければ絵にかいた餅です。
 また実働者(プレーヤー)として代わりに動こうとしても行政組織の外の人間なのでそういうわけにもいきません。

 よって、それを実現するために一つには上に挙げた「政治活動」を通した情報発信により、民意を形成していく必要があります。

  「地域活動」も同じく重要です。一住民としての立場であれば、新たな事業も制約なく企画・実行できます。その「地域活動」が行政としての動きの契機になったケースも少なくありません。

 また、心理的な面から言っても「審議・提案するだけ」の議員であれば住民の信頼はもちろん行政職員の信頼も中々得られるものではなく、そうなれば議員として提言する政策の実現も遠のきます。同じ内容でも「誰が発言するか」「発言者がどういう活動をした上で言っているか」はその賛否に大きく関わるものであり、それが人心です。

 そういう意味で私も「要求レベルが高すぎる」と言われる事もありますが、少なくとも「人にお願いする以上に自分が汗をかく」という事はとても大事にしています。

 そして、この3つ分野を下支えし、より有効なものにしていくために必要なのが日々の研鑽です。

 私も基本的に空いている時間はカフェや図書館でひたすら政治・政策についての勉強をしています。

 昨年は新たな団体への加入や新規団体・プロジェクトの立ち上げなど「地域活動」に要する時間もかなり多かったのですが、やっと基盤としても整い、掛かる時間や負担も少しずつ小さくなってきました。

 早速昨年末から自己研鑽(インプット)のための時間の比重を増やしていますが、本年は更に自力を上げながら、より質の高い活動を行っていきたいと思います。

| 言論・政策 | 13:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/09/19 21:11 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/265-13076586

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT