FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

尚絅大学との連携協力協定の締結

 本日6月5日(金)に尚絅大学の文化言語学部と大津町議会の連携協力協定が締結されました。

 大学と自治体間での協定はありますが、議会との協定は私の知る限りでは県内初であり、熊日と読売の記者さんも取材にお越しくださいました。

11351308_839921016078615_7517474724558663745_n.jpg


 今回の協力協定に関して、当面は『議会だより』作成が軸になります。具体的な取組み内容は以下のリンクに詳しいのですが、今後も学生の力も借りながらより身近で分かりやすい紙面構成を目指します。

リンク⇒ より伝わる「議会だより」  ~学生の力を借りて~

11390013_839921052745278_1804472370480081466_n.jpg


 なお、当該取組みは尚絅大学の進めている『サービスラーニング』の一環でもあります。

 同大学との地域レベルでの連携(域学連携)についてはこれまで何度となくご紹介していますが、簡単に言うと『地域は学生の力をまちづくりに生かし、学生(大学)は学問の実践の場として地域を活用できる』という相互メリットのある取組みです。

域学連携


【関連する過去記事】

リンク⇒ 尚絅大学のサービスラーニング in 大津

リンク⇒ 「域学連携」取組みについて

リンク⇒ 尚絅大学「古民家プロジェクト」



 尚絅大学とは上記リンクの通り、現場レベルでこれまでも様々な取組みを行っており、多くの局面でご協力をいただいています。
 
 「具体的な協定」があると大学側もより活動がしやすいという事もあり、同大学と大津町との協定締結については、昨年の12月議会でも提案したのですがその際は実現する事ができませんでした。

 今回はこういった形となり、結果論ですが、現状の動きは官(行政)学(大学)連携ではなく、域(地域)学(大学)連携になるので、町との締結よりも地域の代理・代表である議会との協定締結はある意味では理に適っているようにも思います。

  現在も尚絅大学とは議会との『議会だより作成』以外に、私が直接関わっているだけでもカライモを活用した『離乳食開発』、地域団体との夏祭りでの『お化け屋敷運営』、 現地への留学生を絡めた『海外へのからいも販路拡大』、町の『PR映像作成』など、.既に色々なプロジェクトを並行して走らせています。 

 パッケージは多数ありますが、ただ「こなす」のではなく地域に資する持続的な取組みとなるように双方にメリットの出せるよう、一つひとつ丁寧にやっていきたいと思っています。

| 議会関連 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/308-29e45c4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT