FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

菊池地域市町議会議員研修会

 8月7日(金)に、菊池市、合志市、菊陽町、大津町の議会議員合同の研修である『菊池地域市町議会議員研修会』に参加しました。

 テーマは『地方版総合戦略における競争と連携』で講師は公益財団法人地方経済総合研究所の小田正氏でした。
11027520_871350389602344_7255992730107532187_n.jpg


 通常の研修とは異なり、各市町のデータを分析した"オーダーメード型"の内容で、手法としてはマーケティングの分析に近く、外部・内部環境や強み・弱みを4つに分けて要因分析する定番ながら"SWOT分析"など行政ではあまり使われていないフレームワークに各市町の状況が落とし込まれており、面白いデータになっていました。

 内部に精通した町の職員が時間をかけて分析しているわけではないので個人的には荒削りな部分も感じましたが、やはりこういったものをベースにしつつ庁内で色々な観点から分析し、計画を策定していけばより緻密なもの出来上がるように思います。
 もちろん、その際には"町全体"あるいは人口、経済分野だけではなく、例えば地域事情の異なる各行政区単位等で年齢分布や、世帯構成、出生率、それらを基にした各指標推移のシミュレーションをしておくことで今後の町の全体の戦略を策定するうえでの貴重なデータになることとと思います。
 
 なお、人口増加率と自治体内のGDPの推移がグラフ化されていましたが今回の対象自治体の中では最も厳しい推移状況となっており、こちらに関しては自分なりにもう少し検証、要因分析してみる予定です。

新規ドキュメント 25_1


 業務品質管理や生産性向上アプローチはもちろんこうしたマーケティングの分析手法についても、前職や学問として学んだ経験や知識も生かしながら自分では色々やっていますが、客観的に人の作成したデータで見ると賛否含め色々と思う事もあり、そうした意味でとても学びの多い研修でした。

 また別の観点からは、熊本県下でも経済状況や人口増減の観点から比較的勢いのある4つの自治体で今後も連携を強めていくことで菊池郡市地域として、全体・個々双方で価値向上を図ることも可能なため、ぜひ今後も定期的な会合を持っていただければと思っています。

| 議会関連 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/325-231f3afe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT