FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

域学産連携での被災者支援

 8/20㈰、8/25㈮の日程で、『尚絅大学』、および『資生堂』の産学と連携して室仮設団地(大津町民向け)、室南出口仮設団地(大津町民&南阿蘇村民向け)、岩坂仮設団地(南阿蘇村民向け)の集会場において、入居者向けの『ハンドマッサージ』および『ネイルアート』を実施しました。
 
【活動のきっかけ】
 同大学および企業との連携は私が以前から進めている【域(地域)学(大学)連携】の一環であり、実は震災前から企画・検討していたものです。
 当初は資生堂が取り組んでいる『化粧療法(高齢者向け認知症予防ケア』を、春以降に大学生が座学で学び福祉施設や公民館等で講座や無料施術会を展開していく計画でしたが、震災の影響や被災の状況を踏まえて今回の形式になりました。

14045753_1103709573033090_3268231626719541968_n.jpg


【入念な事前準備】
 当該取り組みの実現に当たっては、資生堂から専門指導員を派遣いただき、7月より『整容(化粧療法・高齢者福祉基礎)講座』『コミュニケーション指導』『メイク・ネイルアート指導』『ハンドマッサージ指導』等を3日間に分けて受講して準備を進めてきました。

13729047_1079750525428995_4186695286939317555_n.jpg


【当日の状況】
 当日は学生と入居者の方々との会話も弾み、共に明るい表情で非常に良い雰囲気でした。 入居者アンケートや”生の声”としては、「心が明るくなった」「学生の笑顔に元気を貰えた」「生きる希望が湧いた」「昔から一度ネイルをやってみたかった、孫に自慢したい」「今後もぜひ続けてほしい」「集会場でのイベントで初めて知り合いが入居していることが分かって大変有り難かった」など、様々な好意的な意見を頂き、2回実施した室南出口仮設団地ではリピーターの方も多くいらっしゃいました。

 また、学生達も初回で確かな手応えを感じたのか、2回目は一層のやる気と自信を持って臨んでおり、会話も一層弾んでいました。

 さらに私も、仮設団地やその入居者の方々の抱える課題や要望などを直に見聞きし、今後の政治・地域活動でよりしっかりと支援していくための多くの情報を得ることができました。


14022365_1104589909611723_1171120045697821586_n.jpg

14068186_1104589976278383_7536577150121962273_n.jpg

14063853_1104590016278379_93403395734000239_n.jpg

14021448_1104589942945053_4613664620279641023_n.jpg



【今後の方針】

 今後に関して、細かい点は尚絅大学および資生堂の担当者さん達と話をしながら進めるのですが、基本方針としてはこの3者共同体制での支援活動や高齢者福祉の取組みを継続して行っていく予定です(直近では9月6日、14日に、室地区2か所の仮設団地において資生堂単独でのハンドマッサージ等を実施頂きます)。

 域学連携の取組みはこれまで様々な形で行っていますが、学生の若さならではの発想や力、専門知識を地域で生かしてもらいながら学生の一社会人としての一層の成長を支援するためにも、より「成果」に拘りながら丁寧に進めていきたいと思っています。

14089060_1109833072420740_7122565340045465477_n.jpg


【最後に】
 当該取組みにおいては大学や企業側の担当者や学生はもちろん、役場の担当課の方々にも大変お世話になりました。
 また、今回の仮設団地での被災者支援の前進となる『福祉施設での化粧療法プロジェクト』は、資生堂の企画関連部署で働く私の大学時代のクラスメイトとの何気ない会話から実現したものであり、今回は彼が社内調整に大変尽力してくれ同じく大変感謝しています。

 町内の資源には限りがありますが、”外”にしかないスキルや視点(町外資源)は山ほどあります。
 特に現在は、被災地を支援したい団体や企業、共に取り組みたい大学等のアカデミックな研究機関も少なくありません。
 今後も町外にも広く目を向けながら、その資源を上手く取り入れてコラボレーションしながらより良い町を実現していきたいと考えています。

| 地域活動 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/430-39b9caef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT