FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カナダの考える「あるべき政治家像」

 明日で5日間の選挙戦(遊説期間)も最終日です。

 住民の皆様にはお騒がせしてしまい大変恐れ入りますが、4年に1度のこの機会にしっかりと、「実現可能な公約」「具体的な政策」を示して当選してこそ、民意を背負って、自信を持って、全力で政策本位の活動ができると考えています。

 16265754_1322510151153030_4166355092454589252_n.jpg

 金田は、これからの厳しい時代においては、具体的かつ有効な「政策」を立案できる政治家こそが求められると考えています。

 よく「議員は住民の声を役場(行政)に届けるパイプ役」と言われたりします。 しかし私は、それは少し違うと考えています。

 多くが一住民であって、かつ、日々住民の皆様と接している行政職員さんは、町の課題や要望も大抵の場合は十分に分かっています。 

 しかし、『予算や人員などの制約があるため、やりたくてもできない(少なくとも内部ではそう判断している)』というケースが多いのが実際のところです。 情熱に満ち溢れる職員さんほど、それは大変に苦しくもどかしいに違いありません。

 また一方で、現実的には職員さんも気を使わざるを得ない存在である「議員」が、特定地域や特定団体の偏った声だけを届けてしまえば、やるべきことの優先順位を乱し、町政全体にとってはマイナスになることさえ起こり得ます。

 我々政治家は、だからこそ、しっかりと学び、見聞きする情報から本質を得て、制約のあるなかにおいても実現できる「手法=政策」を練り上げる必要があり、そうしてこそ初めて、政治家が貴重な議席と報酬に見合うだけの付加価値を生み、住民の皆様のお役に立てると考えています。

 私は2期目もその考えの下、「政策本位」で全身全霊取り組んでいく所存です。

| 言論・政策 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/469-e43a561e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT