FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『第12回マニフェスト大賞』の優秀賞に選出されました

 金田の取り組みが、『第12回マニフェスト大賞優秀賞⇒リンク)(主催:マニフェスト大賞実行委員会、共催:毎日新聞社・早稲田大学マニフェスト研究所、後援:株式会社共同通信社)』の【優秀マニフェスト推進賞<議会部門>】に選出されました。

 マニフェスト大賞は、地方自治体の議会・首長等や地域主権を支える市民等の優れた活動を募集し、表彰するものです。 今回は過去最高となる応募総数2,597件から、まずは108件の取り組みが候補としてノミネートされ、その中から優秀賞(7つの賞から各5件程度の合計38件)が選出されました。

 なお、東熊本青年会議所(JC)で取り組んだ「震災と復興と選挙権~若者と共に考える地域の未来~(⇒リンク)」に関しても、受賞はなりませんでしたが、最終候補の108件にノミネートされたため認定証が授与されます。

 HPから引用させていただきますと、このマニフェスト大賞は、「地方創生を推進する方々に栄誉を与え、さらなる意欲向上を期するとともに、優れた取り組みが広く知られ互いに競うようにまちづくりを進める「善政競争」の輪を拡げるために設けられました。」

 大津町から政策本位の政治、生活者起点の政策を推進するために、引き続き全力で活動していきます。


【応募内容(抜粋版)】
★概要★
 応募者は人口約3万4千人、議席数16の町議会議員2期目(任期2013.2~、2017.2~)。
2期目の選挙(2017年2月)にあたって、A4用紙8ページにわたる【政治姿勢】【バックグラウンド(経歴)】【地域・政治活動】【取組実績】【新たな101の政策】を体系的にまとめた①『新風!』 Vo.16を町内全戸配布するとともに、詳細版である②『大津への新しい風~未来を創る101の政策~(全24ページ)』をブログで配信、および希望者向けに紙資料200部超を配布。
1期目より活動報告誌『新風!』を年4回、約1万2千世帯へ、主に自転車で本人が町内全戸へ配布(政務活動費はないため実費負担/現時点で18回、計20万部以上を配布)。
ブログ(450回超の更新)およびSNSでも定期的に情報を発信。
出張報告会・座談会の実施を計50回以上開催し、のべ300人以上と意見を交換
その他に、【ネット時代においてもコミュニケーションの本質は実社会での触れ合いが前提】、【より多くの層に政治・政治家に興味関心を持ってもらうためには生身の政治家として広く地域に出ていかなければならない】、【協働の実現に向けては政治家が率先垂範して活動する必要がある】という考えから、大津町消防団団員、大津町防災士連絡協議会会員、大津町若者コミュニティ「hako(ハコ)」事務局(発起人)、東熊本青年会議所監事、復興Project@大津「カセスル熊本」事務局(発起人)、熊本県市民大学「マチナカレッジ」オーガナイザー、大津町小中学校読み聞かせボランティア、大津小学校学習支援ボランティアなど、議場での活動に留まらず一住民として幅広く地域活動に参画

 結果、2017年2月に実施された議会議員選挙では、4年前の投票率(62.74%・15,771人)からマイナス11.53%と大幅に低下(51.21%・13,700人)するなかで、1期目を上回る1,813票の史上最高得票を獲得。 投票率の低下が叫ばれますが、議員が粘り強く、地域にも根を張りながら多様な情報発信を継続し、有権者の判断材料を提供し続けることが投票率向上や住民参画、協働に繋がるものであると実感しています。


★取組みのポイント★
 政治の力でより良い社会を実現していくには政治家が町の現状を踏まえた有効な政策を立案し、それに基づいた取組みを行っていくことが必要です。

  しかし、如何に“書面上”の素晴らしい【ビジョンや政策】があっても、それだけでは絵に描いた餅であり、政治家には【その絵を現実のものとする”実力”と”熱意”があるか(実現力)】が問われます。 さらに、実現する場合にも【どの程度の品質、速さ、費用対効果等で実現するか(実務力)】が問題になります。 また、一議員は首長と異なり政策遂行を決断する手法を持たないという課題もあります。
 そうした背景から、【政策とマニフェスト検証の羅列だけでは、その実現と品質を何ら担保せず、有権者たる住民への”選択基準”の提示としても不十分】だと考えています。

  したがって、出馬にあたっては一政治家としての【政策】に加えて、その【実現力】と【実務力】を合わせて示すために、議場に限定されない形での【4年間の活動・成果報告】および【詳細プロフィール(バックグラウンドや経験・姿勢)】を合わせて提示しました。

 また、市民に政治を身近に感じてもらい、開示した情報へより多くの有権者にアクセスしてもらうために、候補者自身が”生身の人間”として接点をつくっていくことが不可欠であるという考えから、選挙にあたっては、①【政策】【実績】【経験・姿勢】等を一つのパッケージとして提示し、②平時から活動報告誌配布や座談会などを継続的に実施し、さらに③地域行事への参加はもちろん地域活動の主体としてまちづくりに参画しています。

 そうすることが、投票率向上や市民の政治リテラシー向上、さらには住民参画、協働に繋がると考えています。


★特に力を入れた点★
(出馬にあたって)
詳細な情報提示
・町議会議員としては珍しい政策冊子(大津への新しい風~未来を創る101の政策~(全24ページ))の作成・公開
直観的に理解できる情報の提示
・「4年間の取組と成果」をA3用紙1枚で、時系列で体系的に分かり易く整理・公開
政策”実現力”の提示
2期目の出馬時、「ビジョン」としての政策だけではなく、その実現の裏付けとして「1期目の実績」のみに留まらず、「バックグラウンド」や「職歴」の詳細を公開

(平時の取組み)
継続的な情報発信・コミュニケーション
・広報誌(年4回、18回にわたり町内1万2千世帯超へ主に自転車で本人が全戸配布)、ブログ、SNSによる継続的な情報発信
分かり易い紙面構成
・多くの読者の意見を伺いながら改善に改善を重ね、より分かり易い紙面構成に努める
出張報告会・座談会の実施
・計50回以上開催し、のべ300人以上と意見を交換し、政策に反映
市民とともに動く、多彩な地域活動 
・様々な団体の構成員、そして地域ボランティアとして地域に根差して活動



【新風Vol.16】
15585351_1247744781962901_8678278762399556242_o.jpg

15585299_1247744785296234_6401905405390798761_o.jpg

15626306_1247744795296233_3429036821328993357_o.jpg

15578091_1247744848629561_5160860649186632974_o.jpg




【金田ひでき政策集 大津への新しい風~未来を創る101の政策~】
mani0001.jpg
mani0002.jpg
mani0003.jpg
mani0004.jpg
mani0005.jpg
mani0006.jpg
mani0007.jpg
mani0008.jpg
mani0009.jpg
mani0010.jpg
mani0011.jpg
mani0012.jpg
mani0013.jpg
mani0014.jpg
mani0015.jpg
mani0016.jpg
mani0017.jpg
mani0018.jpgmani0019.jpg
mani0020.jpg
mani0021.jpg
mani0022.jpg
mani0023.jpg
mani0024.jpg

| 言論・政策 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/533-c08ca344

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT