FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

物事の本質を捉える力

 業務や組織のマネジメントスキルを、1「テクニカルスキル(業務遂行能力)」、2「コミュニケーションスキル(対人関係能力)」、3「コンセプチュアルスキル(概念化能力)」に分けると、新人は特に1が、その後に職責が上がり管理職に向かうに連れて、段階的に2、3の必要度が増すと言われています。

 ただ、先ずもって新人からトップに至るまでが、高いレベルでこのコンセプチュアルスキルを持ち、同じビジョンや目的意識を持ってこそ、より強い組織創りに繋がると私は考えています。

 「利益」と「組織の存続」という明確な指標がある民間の会社組織とは異なり、競争にさらされず事業費の”消化”に陥りがちな行政組織や慈善団体であれば、なおのこと、政策や計画を策定するにあたっては、物事の「根っこ」に立脚して計画を組み立てる必要があります。

 一朝一夕には行きませんが、まずは青年会議所の毎月の例会において、講座を実施しています。

 スキルレベルは、「知っている」→「使いこなせる」→「指導できる」の大きく3段階があると思っていますが、メンバーに如何に分かり易く、自己の経験や課題と合わせて直観的に理解してもらえる形にするかなど思考を巡らせる中で、私自身も大変勉強になっています。

以下、口頭での説明が前提のため、分かりにくい部分もあるかと思いますが、活用資料の抜粋です。

ロジカルシンキング1-1

ロジカルシンキング1-2

ロジカルシンキング1-3

ロジカルシンキング1-4

ロジカルシンキング1-5

ロジカルシンキング1-6

ロジカルシンキング1-7

ロジカルシンキング1-8

ロジカルシンキング1-9

| 言論・政策 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/564-39fbc113

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT