FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【2018年6月定例会】日程および一般質問通告内容

 6月6日㈬から11日㈪までの日程で大津町議会6月定例会が、以下の日程で開会します(オークスプラザ ふれあいホール)。 今回も6月定例会は休日議会を実施し、土日は一般質問となっています。

201806会期


 お時間の合う方はぜひ傍聴にお越しいただければ幸いです。 

 なお、私の一般質問の通告内容は以下の通りで、6月9日㈯の午後3番目、15時前後からの約1時間になる見込みです。


【一般質問通告内容】
1.個別集落から考える全体のまちづくり
 これまでも繰り返し述べているが、大津町は町全体としては人口増加傾向にあるものの、地域の一つひとつに目を向ければ、多くの集落において過疎と高齢化が進展している。 如何に町が発展しようとも、住民の生活基盤は個別集落にあり、この傾向が続けば今後は日々の生活から共助、介護、交通、空き家増加などに至るまで、様々な問題が多くの集落でより一層顕著になる。
 カネもヒトも有限ななかで、全ての課題に対して完全に対応することは難しいが、まずは現状と徹底的に向き合い、一刻も早く具体的な地域の実状と数字に基づき、現実的なレベルで「集落の未来をどう描いていくか」という議論と計画、行動を地域と協働して始めることが必要である。

① 過疎集落に対する町の基本認識と考え方
② 新設された「まちづくり推進室の役割」
③ 「地区担当職員」の役割
④ 個別集落人口ビジョン・カルテ」等の各種統計・推計データの公開
⑤ 「集落住民を核とした地域計画づくり」と「行政の役割」


2.児童の見守りと安全確保
 子ども達が被害者となる事件・事故は、ここ10年単位で見るといずれも減少傾向にはあるものの依然として後を絶たない。 児童・生徒は一般的に危険察知能力も回避・抵抗する能力も大人に比べて低く、交通事故を例に挙げれば7歳児をピークに小学校低学年が巻き込まれる歩行中の事故は突出して多い。また、新潟県で発生した凶悪事件は記憶に新しいが、殺人・誘拐・暴行・猥褻などの児童を標的とした事件は全国で毎日のように起こっている。
 子ども達を健やかに社会へ巣立たせるために、必要な対策や教育を地域全体が協力しながら、責任を持って行う必要がある。

① データと科学的根拠に立脚した安全対策(「危険なできごとカルテ」等の活用)
② 実効性の高い防犯訓練や、危険を察知・回避するための教育
③ 危険エリアへの措置
④ 歩行および自転車乗車時の視認性の向上策
⑤ 地域の視点と見守り(青少年育成会議等の活用)
⑥ 家庭や地域への意識啓発

| 一般質問通告内容 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/587-d61c50fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT