FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先日の会話より 「議員を辞めるべとき」

 ここ一か月程の間、昼夜問わずいつも以上に予定が飛び込んでくるのですが、大抵上手い具合に調整可能なところへピタっとはまってくれます。 

 比例してデスクワークも溜まっていくわけですが、昔から忙しいほど燃えてくるので、我ながら得な精神構造をしているなと思います。

 さて、先日は2日続けて、初日は「県内複数の自治体図書館長や司書の方、学校長などと一緒に図書館や学校図書室について10人ほどで懇談する場」、翌日は「県内全域から教育関係者が集う60人ほどの情報交換会」に参加しました。

 いずれも素敵な出会いが沢山あり、大変学びの多い時間となりました。 様々な地域・分野の方々と話すと、普段とは異なる新たな気付きや着想が沸いてきます。


 政治家は「あの議員は毎回顔を出してくれる」あるいは「顔も出さない」というような事でプラスマイナスの評価を受けがちですが、特に本年は青年会議所の理事長職もあるので町外や県外へ行く機会も一層増えています。

 また、以前から町外の学習会や懇談会などにもどんどん出ています。

 ただ、諸々含めて多少「来賓事」や「ご挨拶」などへ行けないことになっても、外へもしっかり出て知識や繋がりを増やし、それを還元することが町の発展にも住民生活向上にも寄与すると考えています。

 もちろん、知識と視野を広げるためには引き籠って書籍も山ほど読みますし、町の行事を通した情報や繋がりも重要なのでバランスも大事にしています。 

 町の行事へも、割と多くの方に「しょっちゅう会うね」と言われる程度には足を運んでいます。


 独りでもできることは基本夜中。  「呑んでもシラフ時と大して変わらない」という理由も大きいのですが、終了後にも最大効率で集中して仕事をしたいので、場の雰囲気や終了予定時間にもよりますが、懇親会でも大抵お酒は呑まず、ロックグラスで氷水を飲んだりしています。

 自らが主体として実施するものも含めて、行事が重なった際の判断基準はシンプルに言えば「どの取り組みでの”収穫”あるいは"生み出せる付加価値"が、より町の発展・繁栄に繋がるか」です。 

 確かに、落選したら政治家としては殆ど何もできないのですが、それでもこの判断基準が大きく変わった時は議員(政治家)を辞めるべき時だと思っています。


 つい最近、「町外へ行く時間があるなら、飲み会でも何でもどんどん町で顔を売っておいた方が良いよ」というご助言を頂いた際、そんな話をさせていただきました。 

 なお、以前から懇意にしてくださっている方であり、当然、心配と期待を込めてのことでお気持ち自体は大変有難く思っています。 こちらもご了承を得ての投稿です。

 政治家の責務として、「成果」や「取り組み」、もう少し小さな「やっていること」なども、報告誌やFB等でなるべく発信しながら、それなりの意識と覚悟を持って諸々取り組んでいます。

| 言論・政策 | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/592-746ef677

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT