FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【H31.3月議会】質疑・意見のまとめ(本会議・委員会)

 標記の件について、私の主な質疑・答弁を纏めました。

 内容が多岐にわたる事から、主だったもののみを報告している点、読み易さの観点から再質疑を繰り返した内容も可能な限り丸めて掲載している点について、ご了承いただければと思います。

 また、一部質問と答弁がかみ合っていない部分もありますが、実際のやり取りを基本にして記載しています。


【本会議】
議案第3号 平成30年度大津町一般会計補正予算(第6号)について
(総務部 総務課)
質疑
 運動公園防災倉庫建設設計業務委託について、①備蓄する物品や非常食などの内容や数量は決まっているのか。また、②他の防災倉庫との位置づけ、全体計画はどうなっているのか。

答弁
①必要な備蓄内容に関しては今年度中に整理し、しっかり揃える考えである。
②中央公園の倉庫が中部、楽善の倉庫が北部、今回の倉庫は南部の備蓄拠点となる。



質疑
 証明書のコンビニ交付は住民サービス向上だけではなく役場業務削減につなげてほしい

応答
 毎月50件ほどを想定している。業務削減にも繋げたい。




【委員会】
(経済部 商業観光課)
質疑
 地域おこし協力隊起業支援補助金として52万7千円が計上されているが、修了者には100万円を上限に国から地方交付税措置がある。今回は先方が当該金額までしか必要とせず、上限までは申請しなかったという理解で良いか。

答弁
 推察の通りである。



議案第18号 平成31年度大津町一般会計予算について
(経済部 農政課)             
質疑
 昨年、町内産の繁殖素牛が国内市場最高額で購入されたとの新聞記事や、町広報誌に品評会で金賞を受賞したなどの記事が掲載されている。これらの成果を地域産品のブランディング戦略やふるさと納税戦略と結びつけるのは難しいのか。

答弁
 ふるさと納税での活用については、担当課と協議を行い、町内養豚農家が飼育した豚肉を返礼品として採用しているが、牛肉については採択されていない。しかし、町内産牛の評価も高くなっているので、採択に向けて担当課と協議を行いPRに繋げていきたい。



質疑
 有害鳥獣対策について、これまでは猪と鹿対策を中心に議論してきたが、ここ最近はカラスによる被害を多く耳にする。実数としてはどうなっているのか。また、カラスへの対策の現状は。
   
答弁
 猪、鹿だけでなく、カラスについても有害鳥獣の捕獲対象としている。昨年度は56羽の捕獲実績だったが本年度は18羽である。カラスについても捕獲を実施しているが、本年度は猪の被害が多く、猪の駆除を重点的に実施したため、捕獲数が少ない状況となっている。



質疑
 総合交流ターミナル施設の解体撤去後の跡地利用について、新たな方針や方向性が決まっているのか。
   
答弁
 熊本地震で被災した総合交流ターミナル施設は、危険家屋と認定し、国への災害報告書の受理により、解体撤去を条件として国庫補助金の返還が免除されることとなっている。
 跡地利用については、関係各課による検討会を開催したが、広大な敷地であること、隣接するふれあい公園の芝生広場がグラウンドゴルフに活発に利用されている状況等から活用方法の提言までに至らず、まずは補助金返還免除確定のため解体撤去を優先するとの結論に至っている。白川エリアのサイクリングロード、江藤家住宅等を結ぶ構想等もあることから、今後どう位置づけていくか検討していく。



(経済部 商業観光課)  
   
        
質疑
 地域おこし協力隊をスポーツコミッションの任務で募集しているが、地域おこし協力隊が仮に採用できなくても事業の展開は可能なのか。現実的に全国的に協力隊の採用が難しくなってきている。

答弁
 スポーツコミッションは、クラブおおづや観光協会などの色々な団体と連携して行なっていくが、当面の間は町が主体となって担う。地域おこし協力隊員が絶対にいなければならないという体制とはなっていない。


意見
 こうした事業はスタートが大切。先進事例の調査研究や、町の特色を生かして取組める事業計画を行い、今後様々な事業が行えるように考えていただきたい。


質疑
 外国人観光客は現地に着いてから多言語パンフレットを訪問先で見ることは少なく、事前にインターネットで検索してから来日することが多い。そうした流れを前提に、インターネットでのヒット率を高める取り組み、例えば日本語以外で検索した場合にも必要な情報が検索できるようにするなどの工夫をしてみてはどうか。

答弁
 外国人はインターネットで検索して来日するところを考えると、町として不十分な点がある。積極的に取り組んでいきたい。



質疑
 観光協会は、指定管理で自主財源確保及びビジターセンターで物販等を行うことなども念頭に入れて、法人化を進めていたが状況はどうか。

答弁
 法人化は昨年度から進めており、法人登記の一歩前まで進んでいましたが、事務局体制が悪化し、事務が停滞したため商業観光課が立て直しを行っている状況である。観光協会理事会には法人化を進めるよう促している。
 観光協会は昨年度に比べると本年は厳しい状況になっている中で、新年度一年間で体制を変えようと考えている。町としても、商業観光課の事務所を交流センター内に移し、観光協会の中に入り抜本的に変えていこうと考えている。


(土木部 建設課)             
質疑
 大津中央公園の前から東側に続く新設道路と既存の道路との交差点の安全対策はどのようになっているか。東側に抜けた先の狭い道路と合わせて、非常に危険性が高いと感じる。

答弁
 既存の南北の道路が優先するものとし、新設した町道引水大津線に一旦停止の表示等を行っている。終点部の生涯学習センター側も狭いので安全対策を検討する。



議案第21号 平成31年度大津町公共下水道特別会計予算について
(土木部 下水道課)
質疑
 経営戦略策定の業務委託は、ある程度総務省の方で戦略(冊子)の中に入れるべき項目などが設定してあるのか。また料金改定については最終的には首長の判断になると思われるが、策定に伴う国の思惑はどのように認識しているか。

答弁
 経営戦略については、ある程度の項目設定が定められている。全国平均的な料金設定より安い設定としている場合、国は料金体系の見直しを求めてくるものと考えている。

| 議会関連 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/661-b590be31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT