FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新型コロナ感染予防に伴う臨時休校への対応

 新型コロナ感染予防に伴う臨時休校に対する各自治体の対応が出揃ってきました。

 「新型ウイルス 臨時休校 各地の対応は…」
記事リンク→https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012305641000.html?fbclid=IwAR190EU7sJi5evTwS-z6SrZqwQpMqTlybXDlD1GWqTh-wr0XEPTH6XSj8bI


 大津町では県からの要請通り、3/2㈪~3/15㈰が臨時休校となります。

 個人的見解として感染拡大のために最大限の対策を講じる必要性は理解できますが、色々なところで言われているように情報発信からの唐突感は否めません。子ども達の学業への影響、家庭(保護者)、さらには被雇用者への影響など、1日足らずで判断し、対策を講じたうえで進めるのは至難の業です。感染防止策としても中途半端なまま事を進めて外出自粛などが徹底されなければ効果も半減します。

 場合によっては春休み終了までの休校延長もあるとしている中、なし崩し的に進めるよりも週末にでも綿密な議論をして可能な限り体制を整え、2日㈪に児童生徒・保護者に対応通知、翌3日㈫から休校という流れでも良かったように思います。 一方で、時期を延ばすことで広まるリスクもあるとも言え、”責任問題”という意味でも難しい判断であることも理解はできます。 もちろん、中身とスピードを両立させたうえで、2日㈪から休校という選択がベターなのは言うまでもありません。

 いずれも若手首長で贔屓目もあるかもしれませんが、福岡市と千葉市の対応は文章で判断する限りは優れていると感じています。災害対応とも重なりますが、元々一定の基盤がある市町村は対応もスムーズです。

 県内でも対応はまちまちですが、人吉市は1~2年生や特別支援学級児童などは相談に応じて受け入れる方針のようです。熊本市も同様ですが、この辺りの自治体はデマが溢れるなかでトップからの一次情報にも安心感があります。
 
 「学校は託児所ではない」という意見もありますが、実態として福祉的な機能も大きく、織り込んでいる家庭が多いのが現実であり、いま原則論を語っても仕方がありません。

◎福岡市→【感染防止に留意しつつ朝8時から19時まで留守家庭子ども会を実施。特例で臨時登録なども柔軟に対応】
https://ameblo.jp/so-takashima/entry-12578360535.html…

◎千葉市→【低学年と特別支援学級を中心に、保護者が対応できないケースについて学校で、感染防止に十分配慮した上で受入れ】
https://www.city.chiba.jp/…/gakko…/gakuji/covid19-kyuko.html

| 言論・政策 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/726-e7165294

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT