FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ここ10年の大津町

 大津町について、住民の方々からこんなことを良く聞きます。

 「つい10年くらい前までは大津町はホンダ等の企業のおかげで県内でも有数の財源豊富な街で、生活面でも近隣市町村よりもとても住みやすいと思っていた。そして、スーパーやその他のお店にも隣町から沢山人が来ていた。でも、今では例えば菊陽町の方がソニーや富士フィルムなどの大企業の誘致に成功し、図書館等の文化施設も充実している。買い物に関しても大津の人も、そして阿蘇の人も大津を通り過ぎて光の森で買い物をしている。」

 そして、今の状況をある方は「大津町は人口は増えているが、それ以外の発展がいつの間にか停滞してしまった」と表現していました。


 実際に私も同じようようなことを考えていました。


 そして、こう思います。
 隣町にも関わらず、このような違いが出てきてしまうのにはやはり理由があるのだと。もちろん、「市内に相対的に近い」と言う理由もあるかもしれませんが、やはりそれだけではないと思います。


 では、政治の力だけで全ての問題を解決出来るのかと言うとそれは難しいかもしれません。ただ一つだけ言えるのは、今の状況になるまでには時間があって、もっと打つべき別の政策もあったのだろうということです。

「急に前触れもなく誘致した企業が不況になったのか」
「急に何の計画もなしに様々なハコモノが建設されたのか」
「急に商店街から人が減ったのか」


 あるいは

「急にお年寄りの一人暮らし世帯が増えたのか」
「急に待機児童が80名も増えたのか」


 私は、そうではないと思います。

 もちろん今までの政治が上記のような状況に対して策を講じてこなかったとは思いません。ただ、他の元気な市町村を見ると、例えばこの10年でやれることはもっともっとあったのではないかと思います。

 今の日本の状況は「失われた20年」と表現されます。
 大津町においても失われた時間は戻ってきませんが、反省すべき点は反省し、妥協なく課題に向き合っていけばこれからもっと良くしていくことは絶対に出来ると思います。

 そのためにも、私は色んな人の声をしっかり集めて、それをしっかり練り上げて政治に反映させ、少しづつでも確実に町を良くしていきたいと、そう思います。

| 言論・政策 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanadahideki.blog.fc2.com/tb.php/9-e9669d84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT