FC2ブログ

大津町議会議員 金田ひできの『新風!』

熊本県大津町の議会議員、金田ひできのブログ 『新風(しんぷう)!』

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新風Vol.31が完成しました

報告誌「新風!」のVol.31が完成しました。

テーマは【新しい大津をつくるとき!】。今回は政策発信号として、私の考えを抜粋して紹介しています。

通算発行部数も40万部を超えました。今号も明日から町内全戸へ順次配布予定ですので、お読みいただければ幸いです。

ご意見ご助言等もお待ちしております!!

※バックナンバーをブログ内のリンク先に掲載しています ⇒BLOGリンク  

※より高画像のPDF版をカナダの公式HPに掲載しています ⇒HPリンク



121080266_4495033160567364_6229817523829714475_o.jpg

121080931_4495033347234012_3082736727708451851_o.jpg

| 未分類 | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「大津町長・町議同時選挙(1月31日㈰)日程決定」および「選挙公営制度の改正」

 任期満了に伴う大津町長および町議選挙の日程が1月31日に決定しました(告示日1/26㈫)。

 また当該選挙より、国の公職選挙法改正に伴い、町でも9月議会で条例を制定し、次回選挙から選挙運動費用の一部を町が負担することとなりました。

 これは候補者の負担を減らし、候補者間の選挙運動の機会均等を図ることで、より立候補しやすい環境整備を目指すことを目的としています。

 詳細は下部リンク先の通りですが、これまで候補者が全額負担していた選挙カーやポスターなどの一部を町が負担することとなります。

大津町 選挙公営制度の拡大⇒ https://www.town.ozu.kumamoto.jp/kiji00310120/3_10120_10088_up_j4uekaq7.pdf


 また、今回の公選法改正にあたっては、併せて町議員選挙ではこれまで不要だった立候補にあたっての供託金(15万円)が必要になります。

 こちらは、多くの場合は後に返還されるものですが、議員であれば100票程度が供託金没収点となり、この票数を下回ると返還はされず、上述の公費負担も合わせて対象外になります。

 近年、地方議会議員の成り手不足や投票率の低下が叫ばれていますが、当該制度改正が少しでも、そうした状況の是正に繋がればと考えています。


公選法改正一覧

| 未分類 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新風Vol.30が完成しました

今号は、より幅広い層にお手に取っていただけるように願いを込めて、表紙を雑誌風に仕上げました。

配布はいつも通り、町内全戸13,000部超を4月中旬から順次お届けします。

ご一読いただければ幸いです!


※バックナンバーをブログ内のリンク先に掲載しています ⇒BLOGリンク  

※より高画像のPDF版をカナダの公式HPに掲載しています ⇒HPリンク


106356680_4004217026315649_5053745808893241243_o.jpg


106913145_4004217032982315_4985825798455990373_o.jpg

| 未分類 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【2018年9月定例会】日程および一般質問通告内容

 9月3日㈪から14日㈮までの日程で大津町議会9月定例会が、以下の日程で開会します(オークスプラザ ふれあいホール)。

39936557_2136760936394610_1180755624284127232_n.jpg


 お時間の合う方はぜひ傍聴にお越しいただければ幸いです。 

 なお、私の一般質問の通告内容は以下の通りで、9月13日㈭の午後1番目、13時前後からの約1時間になる見込みです。


【一般質問通告内容】
1.昭和園の再整備による町の魅力向上
 昭和園は好立地に4haを超える広大な敷地を有し、つつじ祭の時期には大いに賑わうが、平時における「公共的な憩いの場」としてのポテンシャルを十分に発揮できていない。 一方で、高齢者も子ども(子育て世代)も増加している本町においては、大規模公園の持つ休養・休息や余暇活動、運動、地域のコミュニティ活動等によりもたらされる利用効果の重要性は益々増していく。 
 トイレや遊具、生い茂る草木、限られた駐車場など改善すべき個別課題は複数あるが、まずは施設の位置付けや在り方を整理し、ゾーニングやメンテナンス、初期投資・維持管理コストまでを含めた現実的かつ抜本的な再整備計画を策定したうえで、段階的に再整備していく考えはないかを問う。

①町全体から見た位置づけと求められる役割
②ハードの改修・更新(トイレ・複合遊具・看板・ベンチ及びテーブル、東屋)
③ハードの新設・拡充(防犯カメラと公園灯・自動販売機・駐車場)
④つつじ・高木の部分的伐採(死角やデッドスペース、採光面での改善と維持管理コストの抑制)
⑤イベントでの利活用促進
⑥市民参加型の再整備計画策定


2.全町的視点から見た「スポーツの森駅」新設の意義
 これまで通称「スポーツの森駅」新設に関する議論は幾度となくなされているが、「スポーツの森へのアクセス向上・利用促進」、「公共交通面での利便性向上」、あるいは「数百メートル圏内の近郊エリアの発展」という枠内での議論が中心であったように思う。結果、主に費用対効果の問題から具体的な計画策定や実現には至っていない。
 しかし駅新設によって、近隣の発展はもちろん「肥後大津駅が東端として認識されている”市街化エリアの意識上の境界線”」がスポーツの森付近まで伸びることで「両駅間の全エリア」の魅力までを高めることができ、さらに近接する吹田団地や内牧・外牧方面、南北の道路で繋がっている北部の東側地域にも恩恵が見込まれ、投資以上の効果があると考える。 また、「創造的復興」や「熊本空港への豊肥本線の延伸・分岐」などが議論されるなかで、今こそ空間的にも時間的にもより広い視点での先を見据えた具体的な検討が必要である。

①「近郊エリア開発(発展)」の観点
②「両駅間エリアの魅力向上」の観点 
③「東部・北部の魅力・利便性向上(過疎抑制)」の観点
④「スポーツの森による経済効果創出」の観点
⑤「空港へのモノレールや豊肥本線延伸などの動きに先んじる」観点

| 未分類 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【青年会議所】6月4日㈰のイベントの告知

 現在、監事を務めている東熊本青年会議所(JC)、および副委員長を務めている公益社団法人日本青年会議所熊本ブロック協議会において、以下のイベントを実施します。


 いずれも6月4日㈰に大津町生涯学習センターでの実施です。

 今回はPJリーダーではありませんが、県庁での広域連携に関する意見交換や、これまで気になっていた熊本技術短期大学校さんや愛歯さんに御訪問させていただくなど、色々良い経験ができました。


■地域創生サミット ~広域連携による希望に溢れる地域の創造にむけて~
18486127_1459137660823611_2874448851248391856_n.jpg


■企業EXPO ~未来へつなぐたからいち~
エキスポ 表面

18491757_1459137674156943_4578277225134738135_o.jpg


 多くの皆様の御来場を心よりお待ちしております!


| 未分類 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT